無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家庭でできる防災対策とは? 自然災害への対策・備えの重要性と心構え

ライフスタイル

普段から災害が起こることを想定し、あらかじめ準備をしておけば、被害を最小限に抑えられる可能性があります。この記事では、家庭でできる防災対策について、その大切さや具体的な方法について紹介します。

地震や台風・火山の噴火などの大きな災害が多発する日本は、「災害大国」と呼ばれています。いざという時のために備えを万全にしておきたいものです。そこで、家庭でできる防災対策について、その大切さや具体的な方法について紹介します。

この記事では次の4点について解説します。

日本の自然災害はなぜ多いのか?

1998年に制定された被災者生活再建支援法によると、自然災害とは「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されています。

日本で発生したマグニチュード6以上の地震回数は1996年から2005年の間で合計190回となっており、世界全体の20.8%を占めています。また、活火山数は108で世界全体の7.0%を占め、死者数は8000人で世界全体の0.4%、災害被害額は2145億ドルで、世界全体の18.3%になります。日本の国土面積(世界の陸地のわずか0.25%)に対して非常に高い数値だと言えるでしょう。

日本で自然災害が多く発生する理由として日本の地理的な環境が挙げられます。

まず地球の表面はプレートと呼ばれる十数枚の岩盤で形成されており、日本列島は4つのプレートが衝突する場所に位置しています。これにより地震や火山活動が活発な地域となっているのです。

また、日本は国土面積が狭いために山の斜面が急で険しくなっています。山から流れ出す川の流れも速く、川の氾濫などの水害が起こりやすいと言えるでしょう。さらに、日本はモンスーンアジア地域に属しているため、梅雨と台風の時期に集中豪雨が発生しやすくなっています。

日本では都市化による地形開発が進んでいることから河川や海岸・火山に接して住宅や農地が造られている場所が多く、土砂災害や液状化現象が起こりやすくなっているのです。

災害時に慌てず対処できる防災の備えと心構え

普段から災害が起こることを想定し、あらかじめ準備をしておけば、被害を最小限に抑えられる可能性があります。突然の災害発生にも対処できるよう、日頃から備えておきましょう。

家庭での防災の備えには何が必要?

家庭で災害に備えるには、内閣官房内閣広報室が発表した「災害に対するご家庭での備え」が参考になります。そこでは、次の5点が紹介されています。

1つ目は、家具の置き方を工夫することです。大地震が起きた時は「家具は必ず倒れるもの」と考えて対策を講じておきましょう。家具が転倒しないように壁に固定しておく、寝室や子ども部屋にはできるだけ家具を置かない、なるべく背の低い家具を選び、倒れても出入り口を塞がないようにしておくなどの工夫が有効です。

2つ目は、食料・飲料・生活用品を備蓄しておくことです。防災用に特別なものを用意するのではなく、普段利用している食品類をそろえるのが良いとされています。災害時には飲料水や非常食の他にも、トイレを流すための生活用水も必要になります。日頃から、ポリタンクに水道水を溜めておく、お風呂の水はつねに張っておくなどの工夫をしましょう。

3つ目は、非常用持ち出しバッグを準備することです。自宅が被災し避難場所で生活するようになった場合に備え、必要なものをバッグに入れておきましょう。食料品・飲料水・貴重品・救急用品・衣類・下着・懐中電灯などをいざという時に持ち出せるようにしておきます。

4つ目は、安否確認の方法を決めておくことです。家族が別々の場所にいる際に災害が発生した場合、お互いに安否確認を行えるようにしたり、集合場所を相談したりします。災害時には携帯電話の回線がつながりにくく連絡が取れない場合もあるので、災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板を利用することも想定し、使い方をあらかじめ調べておきましょう。

5つ目は、避難場所・避難経路を確認しておくことです。いざ災害が起きた時に慌てずに避難できるように、あらかじめ自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどで、防災マップやハザードマップを入手しておきます。豪雨・津波・火山噴火など、災害の種類によって安全な避難場所が異なるので、それぞれどう行動すれば安全に避難できるか準備しておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ