無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏に食べたい!福島の「桃スイーツ」旬を味わえるオススメ3軒をピックアップ♪

旅行・おでかけ

7月上旬〜9月中旬は桃のシーズン♪フルーツ王国・福島で、旬のみずみずしさたっぷりの桃スイーツを味わいにオススメの3軒へ行ってきました!今年登場したばかりのスイーツや混雑回避のオススメのめぐり方などをご紹介します。

【パティスリーサワダ】朝採りピーチをまるごと使った芸術的な桃ケーキ

見た目がとってもフォトジェニックで、桃をまるまる1個使った絶品スイーツがあると聞き、訪れたのは福島市・飯坂温泉の中心地にたたずむ「パティスリーサワダ」。1867年に「御菓子司 澤田屋」として開業した老舗菓子店で、現在は5代目の澤田健(さわだたけし)さんが店主を務めていらっしゃいます。

宇都宮市の人気パティスリーで修業されていた澤田さんは26歳のときに地元へ戻ると、お店をパティスリーとしてリニューアル。代々続く伝統の和菓子に加えて、ケーキやプリン、焼き菓子など福島県産品を使用したスイーツがラインナップに並びました。

「まるごと朝採りピーチ」600円(提供時期:7月下旬~9月上旬※桃がなくなり次第終了)

つるんとそのまま生まれてきたようなキュートなこちらのケーキは、「パティスリーサワダ」の夏を代表する期間限定のメニュー。

飯坂町で朝採れたその時期1番おいしい桃を丸ごと使用し、取材のこの日は「あかつき」という品種が登場。肉厚で果汁が多く、桃のなかでも抜群の甘さを誇り、皇室に献上される最高峰の桃なんだとか。

種をくり抜いた桃の中心には濃厚なカスタードクリームと軽やかな生クリームを合わせたディプロマットクリームがたっぷりIN。

ひと口食べると、口のなかでじゅわっと桃の果汁があふれ出し、みずみずしい甘さが一気に広がります。クリームと合わさったまろやかな口当たりがあまりにもやさしくて、まさに幸せの大渋滞!

ディプロマットクリームは桃の甘さを引き立てるようにくどくなくあっさりとした味わいなので、何個でも永遠に食べ続けられそうです。

「福島の桃&ぷりん」400円(提供時期:7月下旬~9月上旬※桃がなくなり次第終了)

ほかにもショーケースには桃など季節のフルーツを使用した商品がたくさん。「福島の桃&ぷりん」は、栃木のブランド卵・那須御養卵とミラクルエッグ、福島市ささき牧場の牛乳を使用したプリンに、角切りの桃がゴロゴロ入ったパステルカラーのかわいらしいスイーツ。季節によってラフランスやシャインマスカット、イチヂクなども登場するそうです♪

店内には常温・個包装パッケージのお土産もたくさん用意されているので、飯坂温泉の観光とあわせてぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■パティスリーサワダ

住所:福島県福島市飯坂町字立町8
交通:福島交通飯坂温泉駅から徒歩3分
TEL:024-542-2427
営業時間:8時30分~18時
定休日:水曜

【農家カフェ 森のガーデン】眺めが最高!果樹園直営のフルーツカフェ

桃やブドウ、リンゴなどのフルーツが旬を迎えると、多くの観光客でにぎわう人気の果樹園「まるせい果樹園」。果物狩り体験では週末に200人以上が来園するというこちらには、直営のフルーツカフェがあり、果樹園を望むのどかなロケーションでこだわりのスイーツが楽しめます。

大人気カフェゆえに、シーズン中の混雑は必至!オススメのめぐり方をご紹介します♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ