無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたはどっち?30代で太る女性、太らない女性の違いとは

30代で太る人と太らない人の違いについてご紹介します。30代で太ってきたなと感じる方、まだ30代ではないけれどこれから先太りたくない!太ってしまわないか不安!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美容

30代になると太る女性が多い?

30代に突入して、「以前と食べる量は変わっていないのに太りやすくなった」と感じている方も多いはず。10代、20代の頃は太ってもすぐに痩せることができたのに、一度太るとなかなか痩せることができないのも30代の現実。

10代、20代の頃と比べて30代では、このような違いが出てくるのはなぜでしょうか?

30代で太る理由は、ズバリ基礎代謝の低下

何もせずにじっとしていても消費されるカロリーの「基礎代謝」。この基礎代謝は、残念ながら年齢とともに下がっていってしまいます。ですから、以前と食べる量は変わっていないのに太りやすくなったと感じるのです。一方で、30代になっても太ることなく、変わらずスリムな女性も存在します。

太りやすい人は、こんな習慣があるから太ってしまうのかもしれません。早速みていきましょう。

30代で太る人の習慣①:運動せずにダラダラが好き♡

社会人になると、意識して運動しない限りどんどんと運動する機会が減っていきますよね。30代になり、定期的に運動をしていないと筋肉も減っていく一方!基礎代謝は筋肉量に比例するため、筋肉が減るとただでさえ下がりやすくなっている基礎代謝が、さらに下がってしまうのです。

最後に運動したのはいつですか?思い出せないという方は危険かも!週に2〜3回、1回30分程度体を動かしているという方は、運動不足ではないと言えるでしょう。

30代で太る人の習慣②:20代と同じ量を食べる

運動する機会が減って基礎代謝が下がっているのに、食べる量が減らないと太るのは当たり前です。10代や20代前半と同じように食べて、飲んで・・・という生活を送っていたら、どんどん脂肪が増えてしまいますよ。

特に昔運動をしていた方は要注意。運動量が減ったのにも関わらず、その頃の食生活を続けていると30代になってから大変なことになってしまいます。

30代で太る人の習慣③:ヘルシーなサラダが主食

反対に、そんなに食べていないのに太ると感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?それは“食べなさすぎ”が原因かもしれません。食事を抜いてエネルギー不足に陥ると体は筋肉からエネルギーを得ようと、筋肉を破壊していってしまいます。その結果、基礎代謝が落ち、太りやすい体質になってしまいます。

筋肉を作るにはタンパク質が必要です。十分なタンパク質が食事から摂れていないと、筋肉は作られません。

30代で太る人の習慣④:睡眠不足

30代になると、仕事が忙しくなったり育児などで睡眠不足になってしまう方も多いかと思います。実は睡眠と体重増加には大きな関係があることをご存知ですか?睡眠不足になると食欲をコントロールするホルモンが乱れ、食欲を増加させるホルモンが分泌されやすくなってしまうんだとか・・・!

▽詳しくはこちらをチェック

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む