無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「気が利く」と思われたかったら!お土産でもらって絶対うれしい表参道のスイーツ10選

ビジネスでもプライベートでも、ご挨拶回りで頼りになるのは、“喜ばれる手土産”。時間を割いてもらう相手へ、ちょっとしたお土産を持参する気遣いは、デキる女の必須条件です。今回は、センス抜群のスイーツが入手できるおしゃれエリア、表参道の10店をご紹介。相手の喜ぶ顔を思い浮かべ、人数やシチュエーション、相手の好みに合わせたおしゃれスイーツを探しに出かけてみませんか?

おでかけ

クールなパッケージも魅力!大粒のマカダミアナッツが贅沢な「チョコフルーツ マカダム」/bubo BARCELONA 表参道本店

繊細な味わいと美しさを兼ね備えた、スペインを代表する高級パティスリー「ブボ バルセロナ」。パティシエの世界大会で“Best Chocolate Cake(世界一のチョコレートケーキ)”を受賞した「シャビーナ」も有名です。

手土産にオススメしたいのは、スタイリッシュな缶入りの「チョコフルーツ マカダム」(100g 2,376円、190g 3,564円)。大粒のマカダミアナッツをキャラメリゼし、バニラビーンズ入りのホワイトチョコレートでコーティング。シーソルトがアクセントになった、一粒でも満足感のある一品です。スペイン本店でも「止まらない美味しさ」と大人気なのだそう!

カラフルでキュートな「マカロン」(5個入 1,620円)には、「オレンジ&オリーブオイル」というちょっとめずらしいテイストも。スペインらしさを感じる味わいが魅力です♪

フランス ショコラ界のレジェンドによる、進化するショコラ/ファブリス・ジロット 青山本店

2018年1月にオープンした「ファブリス・ジロット 青山本店」は、ブランドとして世界初のカフェ併設路面店。フランスの人間国宝、M.O.F.(国家最優秀職人章)を持つショコラティエ、ファブリス・ジロットが創りあげるこだわりのショコラが並びます。

定番の「ショコラセレクションBOX」などのほか、期間限定のキュートなボックスも人気です。1月中旬からは、イラストレーター竹井千佳氏とのコラボによる「2019限定 竹井千佳コラボ イレジスティブル(プレジール)」(3,456円)が登場!

喜怒哀楽をテーマにした4種類のボックスには、それぞれ異なる新作ショコラが入っています。ギフトには、優しい甘さの「喜びのショコラ」やさわやかな酸味の「楽しみのショコラ」がピッタリ♪

お気に入りのボンボンショコラを詰め込んで。「CLASSIC BOX 19」/ジャン-シャルル・ロシュー 東京

※写真はイメージです(現在取り扱いのない商品も含まれています)。

骨董通りから少し入った脇道に佇む、モダンな外観の「ジャン−シャルル・ロシュー東京」。“空想美術館”をコンセプトにしたアートな雰囲気の店内では、世界的ショコラティエ、ジャン-シャルル・ロシューの世界観が堪能できます。

「CLASSIC BOX 19」(約18個入 7,560円)は、ショーケースのボンボンショコラから好きなものを選んで、クラシックボックスに詰めてもらえます。バーボンウイスキーや山椒、バラなどの個性派ショコラなら、新鮮な驚きをプレゼントできますよ。

カカオのビターパウダーをまぶした「トリュフ」(6個入 734円、32個入 3,564円)は冷蔵保存ができるため、年間を通して購入できます。夏には冷凍庫で冷やして、一口大のジェラートのように楽しむのも◎。すっきりとした味わい、ふわりとした口どけで、甘いものが苦手な人にもオススメです。

かわいらしいサイズ感にこだわりがたっぷり詰まった「ミニャルディーズ」/UN GRAIN

およそ4cm四方サイズのかわいいスイーツ「ミニャルディーズ」の専門店である「UN GRAIN(アン グラン)」。シックな店内のショーケースには、生・半生ケーキ約20種、焼き菓子約20種のミニャルディーズが並びます。

小さいスイーツの中には、パティシエの繊細な技術とこだわりがぎゅっと詰まっています。例えば、一番人気の「トゥ タン ショコラ」(470円、写真右)。“全てチョコレート”という名前のこのお菓子は、なんと9つの異なる味わいによって構成されているんです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ