無料の会員登録をすると
お気に入りができます

若さの鍵は“肩甲骨”にあり!ほうれい線をなくす肩甲骨エクササイズ

一度できてしまうと、なかなか薄くならならほうれい線。実は、加齢やスキンケアだけでなく、“肩甲骨”にも原因があったようです!今回は、ほうれい線ができてしまう原因から、改善に導く肩甲骨エクササイズまでをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

美容

ほうれい線が人の印象を決める

「若く見える人」と「老けて見える人」の差はなんだと思いますか?肌のツヤ、シミの有無、目元のシワ・・・などさまざまな項目が浮かぶと思いますが、今回注目したいのは、口元にできる『ほうれい線』です。

『ほうれい線』があるだけで、疲れているような雰囲気になり、だいぶ老けて見えてしまいます。無意識のうちに相手の口元のシワをチェックしている方も多いのではないでしょうか。

もし、ほうれい線がなければ、ぐっと若く活き活きした表情になれます。それだけ、ほうれい線は人に見られやすく、印象を左右してしまうのです。

ほうれい線ができてしまう原因

気をつけているつもりなのに、ほうれい線ができてしまった・・・このような経験をお持ちの人もいると思います。ではなぜ、ほうれい線ができてしまったのでしょうか?その原因は普段の生活の中にあるかもしれません。ほうれい線の原因をチェックしてみましょう!

ほうれい線の原因①:スキンケア不足による乾燥

保湿を十分にしていないと肌が水分不足になり、乾燥してほうれい線ができます。ほうれい線を隠そうと厚いメイクをしてしまうと、さらに乾燥がすすみ、ほうれい線が強調されてしまうことも・・・。

ほうれい線の原因②:加齢によるたるみ

加齢により肌の水分不足や筋肉が衰えてたるみます。また、長年積み重なったダメージにより肌組織が壊れてしまうのも原因です。

ほうれい線の原因③:加顔の骨格

年齢やスキンケア方法に関係なく、ほうれい線ができやすい骨格があります。例えば、彫りが深い顔立ちの人や口が前にでている人は、ほうれい線が強調されやすいです。

ほうれい線の原因④:過度な食事制限

ダイエットによる皮下脂肪不足や筋肉をつくるたんぱく質不足など、食事制限が原因で肌の弾力がなくなり、ほうれい線ができやすくなるケースもります。ほうれい線ができるだけでなく、顔全体がたるんだ印象になることも。

ほうれい線の原因⑤:加顔の筋肉の衰えとリンパの滞り

ほうれい線は、顔の筋肉が衰えて、皮膚を支えられなくなって起こる皮膚たるみも原因になっています。また、顔の筋肉が衰えると、リンパが滞り老廃物や水分が停滞してむくみがおこります。そのむくんだ皮膚の重さでたるみがおこり、ほうれい線が強調されてしまうのです。

ほうれい線の原因には、肩甲骨が関わっていた!

以上が主なほうれい線の原因です。しかし、スキンケアもしっかりしているし、食事にも気を遣っているのにほうれい線ができた・・・という方もいるでしょう。実は、ほうれい線ができるかどうかは、背中にある『肩甲骨』も非常に重要なポイントになっています!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ