無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家の戸棚の中を見ればすぐにわかる。「生活費が高い人」がストックしがちな“4つのもの”

節約・マネー

安いときにまとめて購入して、物をたくさんストックしている方も多いのではないでしょうか。安いときに買うことで節約になると思われがちですが、こんなものが家にストックされている人の生活費はかえって増えているかも……? 今回は、生活費が高くなる人がストックしがちなものを紹介しますので、ご自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね。

「生活費がかかる人」がストックしがちなものとは

www.photo-ac.com

「安いときにまとめて購入し、ストックをすることが節約につながる」と考えている人は意外と多いのですが、実はあるものをストックしがちな人は、生活費をかえって増やしているかもしれません。

「節約しているつもり」になりがちなストック品を、必要以上にストックしていないか、ぜひ確認してみてくださいね。

(1)インスタント食品

stock.adobe.com

日持ちしやすいインスタント食品などは、「そのうち食べるから安いときに購入しておいた方がお得」と、ストックしている人が多いのですが、意外と節約につながらないので注意が必要です。

なぜなら、インスタント食品は日持ちすると言っても、かならず期限はあるものなので、「ほったらかしている間に期限切れになってしまった」ということが起きやすいからです。

また、インスタント食品がたくさんあると、「おやつ代わり」のように食べてしまう原因にもなりやすく、通常の食事だけで終わらせた方が節約になるところに「余計な食事」を追加してしまい、「生活費どころか体重まで増えてしまった」ということにもつながりやすくなるので気をつけましょう。

どうしてもストックが必要な場合でも「1週間分のみ」など、近いうちに消費しきれる量までにとどめておくようにし、フードロスや食事量の増加につながらないように工夫しましょう。

(2)洗剤などの日用品

stock.adobe.com

洗剤などの日用品も、「必ず使うものだから安いときに購入する方がお得」と、ストックしている人が多いのですが、こちらも意外と節約につながらないので注意が必要です。

なぜなら洗剤などの日用品は必ず使うものではありますが、意外とかさばりやすく、置き場に困ったり、管理が煩雑になることで「何をいくつストックしているか分からない」という状況になりやすいのです。また、まだたくさんあるのに、追加でさらに購入してしまうような「ダブリ買い」なども引き起こしやすくなります。

それに、日常的に使用するつもりで買ったけれど、「気分が変わって新商品を試したくなった」なども起こりやすく、古いものが使われないまま破棄されてしまうことにもなりかねません。

いくら日常的に使用するつもりのものであっても、過剰になるほどストックするのではなく、やはり1、2ヵ月程度で使い切れる量までにとどめておいた方がよいでしょう。

(3)油などの調味料

stock.adobe.com

油などの調味料も、「必ず使うものだから安いときに購入しておいた方がお得」と考えがちなものですが、やはり節約にはつながりにくい傾向があります。

調味料は日持ちすることから、ある程度のストックはしてもかまわないものではありますが、こちらもストックしすぎると「使い切れないうちにストックがたまりすぎてしまう」ことになりやすいので注意が必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ