無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[検証現場で歓声が!]絶望換気扇が粉マジックリン+アレで新品同様に!

調理のニオイを外に吐き出す換気扇は、空気と一緒に汚れも吸い込みます。ピカピカの状態でも、数カ月もすれば油とホコリでベトベトの真っ黒に…! こすっても簡単に落ちない、換気扇周りの黒い汚れは、粉マジックリンにアレを加えることで驚くほど激オチするんです!

360.life編集部/Test by LDK編集部

ライフスタイル

お湯の中に換気扇を沈めます。ポイントはつけ置き+揺らすこと。50℃のお湯と粉マジックリンの成分で、汚れがどんどん浮いてきます。

真っ黒な汚れの下の色が判明新品の白さに戻りました!

どれくらい汚れが落ちたのでしょうか? 洗浄前と洗浄後の換気扇を比較してみましょう。

ギトギト汚れがびっしりと付いています。とにかく触りたくもない!

もはやおぞましさすら感じる四枚の羽根。元の色がわからない状態です。一般家庭で、ここまでハイレベルな換気扇のお宅は珍しいのではないでしょうか…。

まるで新品と見間違うくらい、ピカピカになりました!

羽根の色は、なんと真っ白でした! 洗浄前の黒さと比較してみてください。検証の現場で歓声が上がりました!

つけ置きできない羽根の裏はマジックリンの泡パックで洗浄!

羽根の奥部分など、つけ置きできないところは、泡タイプのマジックリンハンディスプレーがおすすめです。スプレータイプを使って、泡まみれにしましょう。説明書には5分と書いてありますが、20分ほど放置すると汚れが落ちやすくなります。

花王
マジックリンハンディスプレー
実勢価格
306円

Amazonで見る

換気扇のベタ付き汚れは、お掃除が面倒くさそうで、つい後回しにしがち。もしからしたら、大掃除の時に手が回らなかったなんて方もいるかもしれません。でも、今回ご紹介した粉マジックリンを使う方法なら、ごしごしこすらなくても、汚れをキレイに落とせるんです! 春の新生活がスタートするこの季節、ぜひ試してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ