無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハワイでやってはいけないこと!飲酒の年齢や交通ルール

横断歩道以外の道路を渡ると罰金130ドル!? 飲酒できる年齢が日本と違う? あなたの何気ない行動がハワイでは罪に問われ、罰金を科せられることがあるんです。旅行中に思わぬトラブルに巻き込まれないよう、ハワイのタブーやルール&マナーをチェックしておきましょう。【2019年最新情報】

執筆者:森谷 貴子

旅行・おでかけ

「喫煙は法律で禁止されています」の案内。ザ・カハラ・ホテル&リゾートのロビーにて

非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的とし、州や郡が定める公共の場所が禁煙区域となる「新禁煙法」。違反者には100ドルの罰金、再犯の場合は最高500ドルまで引き上げられます。禁煙となる主な公共の場所は……

上記の禁煙となる場所の出入口より20フィート(約6メートル)圏内も禁煙区域。また、ホテルでは、喫煙ルームを全室数の20%まで設定できるよう定められているものの、全室禁煙、もしくは、全館禁煙のホテルがほとんどです。なお、ハワイの喫煙可能年齢は21歳からです。

<関連リンク>
ハワイ州政府保健局:Tobacco Control Laws and Policies(英語)

Tobacco Control Laws and Policies

2019年7月から取り締まり強化! 歩行者の交通ルール

私服警官がパトロールすることも。安全のためにも横断歩道を渡ろう

「ジェイウォーキング (JAYWALKING)」をご存知ですか? アメリカでは、横断歩道以外の道路を渡ることをこう呼びます。ハワイでは、ジェイウォーキングが原因で歩行者が交通事故にあうケースが多く、横断歩道以外での横断のほか、横断歩道の「DON'T WALK」サイン点滅中の横断開始についても130ドルの罰金が科されます。

このルールを徹底するため、2019年7月1日には、信号機のカウントダウンタイマーが秒読みを開始した後に横断歩道に入ると罰金が科されるという新法が施行されました。

※在ホノルル日本国総領事館より
ハワイの歩行者用信号機は、白の歩行マークの後、赤の手のひら(ストップ)マークへ変わり、数字表示でカウントダウンが始まります。カウントダウンが始まったら横断を始めることはできません。

<関連リンク>
外務省 海外安全ホームページ:歩行者に対する交通取締りの強化について

歩行者に対する交通取締りの強化について

ホノルル警察:Facts about "Jaywalking"(英語)

Facts about "Jaywalking"

道路横断中の歩きスマホは罰金!

横断歩道を渡りながらの写真撮影も禁止です

ホノルル市では、道路横断中の歩きスマホ行為を禁止しています(歩道通行中は規制対象外。また、道路横断中の音声通話も規制対象外)。スマートフォンのほか、タブレットやノートパソコン、ゲーム機器、デジタルカメラも対象に。違反すると、初犯15~35ドルの罰金が科せられます。日本人も罰金の対象なので要注意。

<関連リンク>
在ホノルル日本国総領事館:道路横断中のスマホ等の使用禁止条例の制定(ハワイ州オアフ島)

道路横断中のスマホ等の使用禁止条例の制定(ハワイ州オアフ島)

レンタカー派は必ずチェック! ハワイの交通ルール

交通標識も事前にチェックしておきたい

レンタカーを運転する際に知っておきたい交通ルールは、右側通行だけではありません。

などなど。うっかりやってしまいそうなのが、赤信号停止中にドライバーがカメラで風景を撮影すること。ハワイでは、ドライバーの携帯電子機器使用に関する法律により、運転中はもちろん、一時停止中でも携帯電話の通話やメール送信、カメラでの撮影が禁止されています。以上のルールに違反した場合、罰金が科せられるの気を付けて。詳しくは、「ハワイの交通ルールとマナー」で紹介しています。

ハワイの交通ルールとマナー
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ