無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本三景を訪ねて、宮島・嚴島神社/広島県

旅行・おでかけ

旅を楽しむ人なら、一度は行っておきたい日本三景。今回は日本三景の中から安芸の宮島(あきのみやじま)をご紹介します。海に浮かぶ嚴島神社(厳島神社)の赤い鳥居に代表される寺社建築とその眺めは、世界が認めた名所でもあるんですよ。

執筆者:村田 博之

世界も認めた名所、日本三景のひとつ宮島・嚴島神社

宮島は瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する

日本国内の名所・旧跡の中でも抜群の知名度を持っているのが、日本三景と呼ばれる名所、松島(宮城県)、天橋立(あまのはしだて、京都府)、宮島(広島県)。江戸時代からその名が知られており、現代に至ってもその魅力にひかれて、たくさんの観光客が足を運んでいます。そんな日本三景の中から、今回は安芸の宮島をご紹介します。

日本三景
天橋立

海に浮かぶ嚴島神社の赤い鳥居に代表される寺社建築とその眺めは、世界も認めた名所でもあるんですよ。

全国でも珍しい海にせり出した社殿

日本三景の一つ、安芸の宮島を代表する嚴島神社の大鳥居と本殿。潮が満ちた時は、まさに海の中に浮かぶような形で見えます(2007年8月撮影)

 
宮島(Googleマップ)は、広島市の西隣、廿日市(はつかいち)市の瀬戸内海に浮かぶ島。本州とは狭いところで1キロメートルも離れていません。その宮島の一画に嚴島(いつくしま)神社があります。宮島の正式名称が厳島のため「厳島神社」と表記されることがありますが、「嚴島神社」が正式な名前となります。

宮島
Googleマップ

嚴島神社の朱塗りの本殿。造営には平清盛が力を貸したとのこと(2007年8月撮影)

嚴島神社の創建は6世紀頃。島全体がご神体としてあがめられていたとのこと。平安時代の終わりには、地元の豪族である佐伯氏が平家の頭領・平清盛(たいらのきよもり)のバックアップを受けて、海にせり出す形の本殿を造りました。

嚴島神社

火事や災害などにより何度も建て替えられてはいますが、本殿は最後に建て替えられてから既に440年以上の歳月が過ぎました。平安時代の面影を感じさせる貴重な寺社建築であると言えるでしょう。

嚴島神社には多くの建物があり、回廊を歩きながらそれぞれの建物を拝観することができます(2003年8月撮影)

嚴島神社は海にせりだす部分の他にもたくさんの建物があり、拝観する際は建物をつなぐ回廊を歩いて移動します。フェリー乗り場に近い東回廊の入口から入り、反対側に続く西回廊の出口へ歩くのが一般的なコースです。

海にせり出す部分は舞台と呼ばれていて、今でもここで能が演じられることがあります。正面に見える大鳥居を望める場所は絶好の記念撮影スポットでもあり、訪れる人が絶えることはありません。

日本三景では唯一の世界遺産

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ