無料の会員登録をすると
お気に入りができます

460円で露天風呂や炭酸泉!入浴後はクラフトビールも・・天国は鶯谷の人気銭湯にあった!?

銭湯のお風呂上がりといえば、「腰に手をあててコーヒー牛乳!」をイメージする人も多いと思いますが、実はそんなイメージをくつがえす、クラフトビールが飲めるおしゃれな銭湯が増えているんです。今回は、そのうちの一軒、鶯谷にある「萩の湯」をモデルの黒澤まさ美さんと訪れました。露天風呂に炭酸泉など、お風呂も魅力的な人気銭湯をご紹介します!

旅行・おでかけ

銭湯価格460円でこのクオリティ!?おもてなしで心が満たされる銭湯/萩の湯

鶯谷駅から徒歩8分。東京スカイツリー(R)もほど近い台東区の下町に、銭湯「萩の湯」はあります。マンションの1階から4階までが銭湯で、その規模は都内最大級!外観も最新型スーパー銭湯のような趣ですが、もちろん銭湯なので、東京都制定の入浴料460円で入れちゃうんです♡ビール好きの黒澤まさ美さんと一緒に潜入レポートです。

エントランスを抜けて、2階のロビーへ向かいます。靴を預けて、早速館内へ♪

券売機で入浴料チケットを購入し、受付へ。一緒に支払ったバスタオル・フェイスタオル・ナイロンタオルがセットの「レンタルタオル」(70円)を受け取ります。

迎えてくれたのは、店主の長沼雄三さん。ご実家である上野の名銭湯「寿湯」、「薬師湯」、そしてこちらの「萩の湯」と、三兄弟で三軒の銭湯を経営されています。

メイク落としや洗顔料などのアメニティも充実。無料で使えるシャンプー・リンス、ボディソープは浴場に、化粧水や乳液は脱衣所にあるので、仕事帰りやランニングの途中でも、手ぶらでふらりと一人で寄れちゃいます♪

ロビーには、なんとロッカー式の無料コンセントがずらり。お風呂に入っている間にスマホの充電ができるなんて!おもてなしの心が行き届いています♪

ピンク富士がお出迎え!広い炭酸泉に露天風呂・・・これ本当に銭湯?

女湯がある4階に到着。のれんをくぐり、いざお風呂へ!

清潔感たっぷりの脱衣所。銭湯とは思えない広さです。荷物が多くても安心の大型タイプのロッカーもありますよ。なんとランナー専用のロッカーも!

浴場へ入ると、「萩の湯」名物“ピンク富士”が目の前に!こちらは、女性銭湯絵師・田中みずきさんが描いたもの。女性らしい柔らかく繊細な色使いが印象的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ