無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フィッシュボーンのやり方!簡単な編み方やサイドを編み込む時のコツ

ヘアスタイル

フィッシュボーンとは?基本のやり方・きれいな編み込み方をマスター

フィッシュボーンアレンジをきれいに仕上げるには?

「フィッシュボーン」とは編み込み方法のひとつで、編み目の部分が魚の骨のように見えることからこう呼ばれています。今回は、そんなフィッシュボーンの基本の編み方、きれいに作る方法を手順画像でわかりやすくご紹介します。

いまやヘアアレンジの手法として欠かせないフィッシュボーン。一見難しそうに見えますが、やり方さえ分かれば鏡を見ずにできちゃいます!しっかり編んでもゆるく編んでもかわいいヘアスタイルに仕上がるので、実はとても初心者向き。編み目の太さや崩し方次第で雰囲気が変わるので、ぜひチャレンジしてみてください。

フィッシュボーンのベースのヘアスタイル

胸上の長さのローレイヤーロングスタイル。全体にゆるめのウェーブがかかっています。

ストレートヘアの方はコテで巻くのがおすすめ

フィッシュボーンにおすすめのタイプ

顔型: 卵 面長 ベース
髪質: すべてOK
髪量: すべてOK
クセ: すべてOK

フィッシュボーンのやり方・編み方

髪を均等に2つに分ける

1. 後ろのすべての毛を左側にもってきて、前後2つの毛束に分けます。毛束の量は、均等に分けましょう。

手前の毛束の4分の1(グリーンの部分)を後ろの毛束に合わせる

2. 手前の顔に近い方の毛束から外側4分の1の毛を取り、後ろの毛束に合わせます(グリーンラインの部分) 。画像のように、手前の毛束の上を通って、後ろ側に持っていきましょう。

後ろの毛束の4分の1(ピンクの部分)を手前の毛束に合わせる

3. 今度は、後ろの毛束の外側4分の1を、手前の毛束に合わせます(ピンクラインの部分)。

この状態がフィッシュボーンのひと工程

4. それぞれ外側から毛束を持ってくることで、画像のように分け取った毛束が交差します。この状態で、また2つの毛束になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ