無料の会員登録をすると
お気に入りができます

さすが「ニトリ神ファイル」!バッグ収納の「形バラバラ問題」をソッコー解決!プロ技5選

ライフスタイル

こんにちは。整理収納アドバイザー2級認定講師・ヨムーノライターの大木です。

お出かけの必需品「バッグ」は、形が不安定で大きさも様々。
収納に困ってしまうアイテムのひとつです。

今回は、そんなバッグを無印良品・ニトリ・100円ショップのアイテムを使って、スマートに取り出しやすく収納するアイデアをご紹介します!

ニトリのファイルケース

ファイルケースをバッグ収納に使えば、型崩れが心配な革製などの大切なバッグを、しっかりと立てて収納することができます。

バッグを入れやすいようファイルケースの向きを工夫して使います。
大切なバッグひとつひとつに指定席を作ることができるのも、この収納方法のポイントです。

複数個並べて使う場合は、隣同士をダブルクリップで留めて使ってみてください。
目的のバッグを出し入れしても、他のバッグが重しになってくれるので、ファイルケースがズレて動いてしまうのを防げます。

無印良品の仕切りスタンド

小さなバッグは無印良品の仕切りスタンドを使うと、しっかり自立して形を保ったまま収納することができます。

仕切りの幅は、狭いものと広いものの2種類あるので、収納したいバッグの大きさによって選んでください。

布のバッグをたたんで立ててもいいですし、マチのない薄いバッグなら2〜3個一緒に立てることもできます。

バッグを収納する際に仕切りスタンドが動いてしまう場合は、裏に100均などで手に入る耐震ジェルを小さく切って貼ってみてください。
ほどよく棚と固定されるので動く心配がなくなり、安心して使えます。

無印良品のスチール仕切板

ファイルケースにも仕切りスタンドにも入らないほど大きなバッグには、無印良品のスチール仕切板がおすすめ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ