無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニトリの隠れ名品が大活躍!たまり続ける「レジ袋」捨てずに再利用!収納アイデア10選

ライフスタイル

また、フタに十字の切込みがあり、開封のいらない『プルアウトボックス』もおすすめです。一見、取り出し口が狭く見えても、フタがやわらかいので取り出しやすく、輪ゴムやスポンジなどの小物収納にも応用できます。

レジ袋をたたまない派の収納アイディア

レジ袋をたたむのが苦手、時間がないという人には、以下のような収納法がおすすめです。

バッグを使う

バッグを使っておしゃれなレジ袋収納ができます。カゴバッグなどの持ち手にフックを取り付けて、壁などにひっかけるだけで収納の完成です。

レジ袋をたたまずに、くるっと縛って入れるだけで、おしゃれにすっきり収納できてしまいます。

あまり大きすぎるバッグだとスペースを取るので、日常的に使う分だけ入る大きさが理想です。部屋のイメージに合わせたデザインのバッグを選びましょう。

@kabochiyanomishinさんのように、ビニール袋収納ケースを手作りするのも人気です。

ブックスタンドにかけるだけ

袋を縛るのも面倒な人は、袋を広げてしわを伸ばし、ブックスタンドにかけるだけでもOKです。複数枚重ねてかけても、一番上の袋を引っ張るだけで1枚ずつ取り出せます。

同じブックスタンドをいくつか並べるか、複数連なったタイプのスタンドを使えば、大きさに合わせて袋を分類できます。

フタつきボックスで隠す収納

最も簡単で、見た目も気にならない方法は、フタつきボックスに突っ込むやり方です。レジ袋を縦向きに手のひらでシューっとしぼめて2つに折り、折った側を上にしてボックスに突っ込みます。横に並べて突っ込めば、取り出しも簡単です。

お部屋のイメージに自然と溶け込むようなデザインのボックスを選べば、インテリアの一部になってしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ