無料の会員登録をすると
お気に入りができます

タンパク質だけじゃ損!トレーニングに必要なビタミン・ミネラルについて

美容

トレーニングをしている方なら、糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素を意識していると思います。しかし、ビタミンやミネラルもトレーニングの効果を得るために非常に重要なんです。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、ビタミンやミネラルがトレーニングとどのように関わりがあるのか紹介していきます。

ビタミン・ミネラルはトレーニングとどんな関係があるの?

トレーニングを行っていると、「とにかくタンパク質を摂取!」という方も多いと思いますが、実はそれだけだと効率的にトレーニングを行うことができません。

多くの人が見落としがちなのが、ビタミンとミネラルという栄養素です。ビタミンとミネラルというと美容には関係しているイメージがありますが、トレーニングの効果にも深く関わってきます!

ビタミンやミネラルには様々な種類がありますが、それぞれがどのようにトレーニングを関わっているのでしょうか。栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、詳しく解説していきます。これを知っておくと、ワンランク上のボディメイクを行えるようになりますよ!

1、体内の代謝に関わる「ビタミンB群」

ビタミンB群には、B1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンが含まれています。

・ビタミンB1:糖質の代謝を行う酵素の働きを助ける

・ビタミンB2:脂質代謝を行う酵素の働きを助ける

ビタミンB1やB2が不足すると、運動中に糖質や脂質がうまく代謝されなくなり、エネルギーが作れず、体をうまく動かせなくなってしまいます。

・ビタミンB6:タンパク質の代謝に関わる

トレーニングを行うと筋肉が大きくなりますが、その際にビタミンB6が関わってきます。不足していると、十分なトレーニング効果が望めません。

・ビタミンB12と葉酸:赤血球の形成に関わる

赤血球は、体内で酸素を運ぶ働きを担っているので、ビタミンB12や葉酸が不足すると、体内で十分に酸素を運ぶことができず、すぐに疲れてしまいます。

・ナイアシン、パントテン酸:糖質、脂質を代謝する際に使われる

これらがないと、糖質や脂質をうまく代謝し、エネルギーを作り出すことができません。

・ビオチン:糖新生という、アミノ酸から糖を作る代謝で必要になる

ビオチンが不足すると、倦怠感を感じたり、脂質代謝が悪化い、肥満の原因になることもあります。

このように、ビタミンB群は、主に運動中にエネルギーを作り出す補助を行っています。運動を行うにはエネルギーが必要なので、いかに重要な栄養素かが分かりますね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ