無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メキシコ流!イライラしない子育てのための4つのメソッドとは?

ライフスタイル

ママが子どもにイライラする原因とは?

pixabay.com

家事に仕事に子育て!子どもがいる女性はひっきりなしに働いています。

小さい子どもの子育てをするママに、心の余裕がなくなってしまうのは、当たり前のことです。それは、単に子供・家事・仕事などやることが多すぎるからだけではありません。

家事や仕事と異なり、子どもの世話には終わりがないのです。「ママ来てー!」「ママ手伝ってー!」「ママ遊ぼう!」と、子どもは常にママを必要としています。

時間的に余裕があれば、優しく接することもできますが、他にも1日のタスクが山ほど残っているママは、精神的に辛くなってしまいますね。また、小さい子どもは、何をするにも時間がかかってしまうため、かなりの忍耐が必要。そんな時も、イライラしてしまいます。

そこで、メキシコに住んでみてわかったイライラしない子育てのための4つのメソッドをご紹介します。

メソッド1「必要な時は家事代行サービスを利用する」

必要な時は家事代行サービスを利用するのも1つの方法です。

メキシコでは、ハウスキーパーを雇っている家庭がとても多いのです。小さい子どもがいる家庭では、週に3~5回もお手伝いに来てもらっている場合もあります。ハウスキーパーは家事・買い物・料理・子どもの世話など、頼まれればなんでもします。

そのため、ママは家事の負担がぐんっと減り、子どもに集中することができます。精神的にも、時間的にも余裕ができて、子どもと向き合えるのです。

メソッド2「子ども優先! 家事に完璧を求めない」

pixabay.com

メキシコのハウスキーパーはフレクシブル。その日にしてほしい仕事を頼めます。

ハウスキーパーが週に3回以上来る家庭でも、小さい子どもがいれば家の中はすぐに散らかってしまいます。しかし、ある程度の散らかりは仕方ないとあきらめるのも大事なこと。その証拠にメキシコでは、何でもこなす完璧なママより、上手に手を抜いて明るく楽しく子育てをしてるママの方が、高く評価されています。

子どもが小さいのは今だけ。散らかされた部屋をイライラして片づけるよりも、ある程度の家事は諦めて、その分子どもと楽しく遊んでみましょう。

メソッド3「時には夫婦だけで外出する時間を作る」

夫婦で楽しく外出してみると、気持ちが楽になりリフレッシュできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ