無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理前はなぜ痩せない?体重が増加する理由とダイエット方法

美容

生理前は太ると悩む女性は多いですよね。女性の1ヵ月サイクルを活用した生理前のダイエット効率アップのコツ、生理前~生理中の対策法等、話題の豆乳ダイエットや効果的な運動などを詳しく解説しました。排卵期や生理周期をきちんと知ることが大切です。

生理前に太る理由! 体重増加原因や太りやすい時期、ダイエット対策とは

生理前は気分だけでなく、体重も重くなってしまう時期

ダイエットのために日頃は食生活に気をつけていても、生理前になると「イライラして甘いものが食べたい」「食欲が止まらない」……と悩む女性が多いもの。また、「やっとダイエットの成果が出てきたのに、生理前の食欲でこれまでの努力が水の泡に!?」なんて悩む人も多いようです。

そこで今回は、「生理前は太る」といわれる理由と対策方法に加え、「女性の体の1カ月のサイクル」についても詳しく解説していきたいと思います。

生理前は太るのではなく、体内の「水分」で体重が2kg前後増える

炭水化物や甘いものを急激に欲してしまい、体重も増加。自己嫌悪に陥る女性は多いはず。

生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、ホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。「体脂肪」が増えて太るわけではありません。

ちなみに、この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後=1~3kg増えるのは当然といえるでしょう。

もし、生理前後に体重を計ったら3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。

「ダイエットを体重だけで考えるのは良くない!」というのがダイエットガイドとしての意見ですので、ふだんから体重だけではなく、体脂肪を計る習慣もつけるのがオススメです。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で体脂肪を計る習慣をつけること。夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定しているといわれていますので、この時間帯に測る習慣を持つのも良いでしょう。

そうすれば生理前に体重が増えても、「水分が増えただけ」と落ち着いて対処できるはずです。

生理前は女性ホルモンや月経前症候群(PMS)の影響で体重が増える

心と体に起こるトラブルは、女性ホルモン「黄体ホルモン」によるもの。

また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。PMSは病気ではなく、心と体に起こるトラブルの総称のこと。生理が始まる約2週間前頃から現れます。

このような不快なトラブルは、月経前に卵巣から多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンによって起こります。黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために体は栄養を補充しようと働きます。黄体ホルモンには、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるからです。 そのため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。

以上のことから、生理前は、太りやすく、心身ともに疲れやすい時期といえます。この時期に無理なダイエットをして「痩せない!」「体重が増えた!」などと、余計なストレスや疲労を感じるのはナンセンス。

「そういう時期なんだな」と思って、体をいたわりましょう。PMSによって気分が落ち込みやすくなりますが、深く悩んだり、無理をしたりしないようにやり過ごすのがベスト。生理後~排卵日までの「痩せやすい時期」が来たら、ダイエットも再開すれば良いのです。

それでも生理前に太りたくない人は「生理前豆乳ダイエット」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ