無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年の差を感じる…「おばさん認定」されるNGメイク

メイク

気になる年下の男性に可愛いと思われたい!メイクにも気合が入りますよね。

でも、せっかくのメイクも、方向性を間違えると「おばさんじゃん……」と彼らをがっかりさせることにも。

年下男性が「ないわ」と思う、年上女性のメイクって、どんな感じ?

盛りすぎというか、雑!

「ファンデやチークが濃いのは、もうさすがに男の俺らでも見分けがつきます。

あと妙に長いマツエクや、でかいカラコンも年上の人がやってるとキツいですね。隠す方面に必死で色々盛ってる人って、美魔女みたいできついかも」(29歳・男性)

年下男性の中では、「厚化粧=おばさん」は鉄板のよう。

でも、カラーコントロール系の下地や薄づきファンデ、コンシーラーを駆使して丁寧に作った美肌や、小さめサイズのカラコンにはまったく気づかれず、「化粧薄いのに可愛いね」と言われた……なんて年上女性も多いはず。

おそらく男性が反応しているのは、濃さではなく「雑さ」。

メリハリをつけず、ザッと塗ったファンデや、ぼかしの足りないチーク、顔に合わないフェイクものなど、「適当メイク=おばさん」認定なのかもしれません。

幸が薄そう……勘違いナチュラル

「姉の話なんですけど、最近地味だな、老けたな、と思ってたらメイクを薄くしたらしい。

『もうアラサーだから』って言うんだけど、メイクが薄すぎて疲れて見える。

髪を巻くのもやめたらしくて『早起きしなくていいし』って言ってるけど、マジで、身なりに構わないおばさんにしか見えない」(24歳・男性)

男性はナチュラルが好きなはず。特に年下君とのデートなら、薄いメイクがいいのでは? ……と思いきや、薄すぎて眠たげ、血色もない顔は「生活感ありすぎ、疲れてる?」と思われることも。

特に、雑に描いた眉や薄すぎる目元は貧相になりがち。顔色まで悪く見えます。「歳だから疲れてるの?」なんて思われたくないですよね。

メイクを薄くするならその分お手入れは必須。眉毛、まつ毛など、「顔にある毛」をフサフサに見せるのが手っ取り早く生命力を出すポイント。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ