無料の会員登録をすると
お気に入りができます

取り出しやすい衣類のたたみ方&収納テクニック[衣替えシーズン]

衣替えのついでに、より取り出しやすくなるたたみ方や収納テクニックを取り入れてみましょう。服が選びやすくなるのはもちろん、出してみたら「お目当ての洋服ではなかった……」と、また戻して探してと繰り返すことによって引き出しがぐちゃぐちゃになる、ということが防げるようになるかもしれません。

おうちデトックス

ライフスタイル

こんにちは! 収納のチカラで叶えるインテリア、おうちデトックス大橋わかです。

衣類の収納は、きれいにたたむ=使いやすいではありません。衣替えのついでに、より取り出しやすいたたみ方や収納方法を参考にしてみてくださいね!

まずはニットのたたみ方

ニット類は、立てる収納をあまりオススメしていません。

使いやすさを優先して立てたいという場合は、全然問題ないです。ですが、ニット類はコンパクトに小さくたたむと、悲しいことにシワができやすいんです……。そのため、ぎゅうぎゅうに詰め込むのはもちろんNG。

いざ着ようと思った時にシワシワで着れずに、またアイロンをかけてとなるととっても面倒。特に長期保管の場合は、できる限り大きくたたみましょう!

セーターやスカーフなど、シワが気になる時は、平だたみをオススメしています。

平だたみはケースにフィットさせる

平だたみする場合、衣装ケースより大きくたたむと、折れ曲がってしまいシワがついてしまいます。

ケースの中で折れ曲がらないように、中にしっかりと入るサイズになるようたたみましょう!

えり元を下に置いてある衣類と逆向きで、交互に入れていくことで、平行に積みやすくなります。

来客用タオルやスカーフ、ストールにオフシーズンの衣類といった使用頻度の少ないモノも、一目瞭然の立てる収納より、平だたみでしまっておくほうがシワ防止になりますよ。

ここは自分の好みで選んでみてくださいね。

着る人でたたみ方や収納を変えよう!

welcome-to-gettyimages.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ