無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手取り18万円OLでも3年半で200万円貯めた!綿密なプロセスとは

ライフスタイル

こんにちは。3年半の会社員を経て、現在はフリーで活動しているヨムーノライターAsunaです。

こんにちは。3年半の会社員を経て、現在はフリーで活動しているヨムーノライターAsunaです。

貯金をしたい。
でも、いつの間にか口座の残高が、生活費で消えていく……。
手取りが多くない人にとっては、貯金はついつい後回しになってしまいますよね。

私もそうでした。
20代前半、社歴が浅く給料も少ない。

周りの結婚ラッシュや会社の飲み会で、出費はかさむばかり。
貯金に回せるお金など、ほとんど残らないと思っていました。
でも、あるコツを掴んでから、あっという間に貯金ができるようになりました。

ということで!
ここでは、決して年収が高くない人が、必ず貯金できる具体的な手法を紹介します。

※ちなみに私は月収20万円以下で、2年で100万円、3年半で200万円の貯金を成功させることができました。

貯金したい人にとって、役に立つ情報になれば嬉しいです。

必ず貯めたいなら、「先取り貯金がお勧め」

必ず貯めようと思ったら、貯金を必要経費として「先取り」してしまうのがお勧めです。家賃や携帯代と同じように、自動引き落とし的な固定費として扱えば、「貯金するお金がない」という状態にはなりません。

事例:私は手取りが18万円で、毎月5万円(ボーナス支給月は6万円)を先取り貯金していました。

「生活費をなるべく節約して貯金額を増やそう」と頑張っていた頃よりも、確実に貯金することができました。

貯金を固定費として先取りし、余った残額内で生活するのです(もちろん、生活の質を多少落としたり、所有する物を手放したりする覚悟は必要です)。

では、そのステップを紹介していきます。

「先取り貯金」のステップ

「先取り貯金」のステップは、以下の3段階に分かれます。

1. 目標を決める
2. 口座を分ける
3. 特別支出があるときも残額内でやりくり

順を追って見てみましょう。

(1)目標を決める

一番大切なのはこの目標設定のステップです。目標は、自分の中で何度もイメージして、具体的に設定すると良いでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ