無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた?“水まで吸っちゃう”掃除機が2000円で買えるんです

インテリア

ゴミはもちろん、水も吸っちゃう!ハンディ掃除機のベストを探しました

このところ人気のコードレスタイプのハンディ掃除機。

ちょっとした汚れが気になったときに、手軽に扱えるのが嬉しいポイントなのですが、じつは「液体も吸える」乾湿両用タイプがあるっていうこと、ご存知ですか?

今回は、Amazonで人気の5000以下の4製品をチョイスして、その性能を比較してみました。

乾湿両用ハンディ掃除機選び方のポイント

意外と安く、気軽に買えるのも魅力ですが、せっかく買ったのにイマイチ使えない……という状況は避けたいところ。そこで、乾湿両用ハンディ掃除機の選び方のポイントをご紹介します。

①しっかりと水分を吸収できること
“乾湿両用”を謳い文句にするのであれば、この点は重要です。今回はフローリング上の牛乳をどれくらい吸えるのか、確認しています。

②様々なタイプの床上のゴミをすえること
掃除機のタイプによっては、フローリングは得意だけどじゅうたんは苦手、といったものも。そこで、両方のシチュエーションでの吸引力を確かめました。

③うるさくないこと
掃除機を使っていて気になるのがコレ。今回取り扱った製品はいずれもかなりの音量でしたが、それでも差はありましたのでご注目ください。

果たして最高評価を得たのは、こちらの製品でした!

水分をしっかり吸い込み音も静かで取り回しもよし!

フカイ工業
充電式ウエット&ドライハンディクリーナー 6V
FC-830
実勢価格:2321円
サイズ:110×355×105mm
重量:720g

Amazonで見る

今回の検証でベストに選ばれたのはこちらの「FC-830」でした。本体の重さが720gと女性でも使いやすく、動作音も小さいのが特徴。専用ノズルを装着すると吸水口を幅広にする事ができ、効率よく吸う事ができるのがありがたいです。

【吸引力(水分):◎】

水分もしっかり吸い込む事が可能。フローリングならこれだけでもキレイになるレベルです。

専用ノズルは液体を吸い込みやすい幅広になっており、吸った水が逆流しない設計になっています。窓の結露を吸うのにも便利です。

【吸引力(固形/フローリング):◎】

【吸引力(固形/じゅうたん):△】

固形の吸引力はやや弱く、じゅうたんではその傾向が顕著でした。しかし、何回か動かせば問題なく吸いきることができます。

【稼働時の騒音83.6dbA:◎)】
結構うるさい数値です。配慮は必要ですが、今回扱ったモデルの中ではもっとも静かでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ