無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[これからが旬!]きゅうりの栄養とおすすめレシピ

レシピ

サラダや酢の物などでお馴染みの野菜のキュウリ。シャキッとした食感や瑞々しさが美味しく、生のままでも手軽に食べられるので私たちの食生活には欠かせない野菜です。そこで今回は、キュウリの栄養効果やおすすめレシピを紹介いたします!

キュウリってどんな野菜?

夏が旬の野菜!

1年中スーパーなどで売られているキュウリですが、実は5~8月が旬の夏野菜です。キュウリは約95%が水分なので、夏場の水分補給にもつながりますし、身体を冷やす効果も期待できますね。また、サッパリとした味なので食欲が落ちやすい夏場でも食べやすい食材ですよ。

さらにキュウリは、1本(100g)あたり14kcalと、とても低カロリーなので、体重が気になる方でも安心して食べられます。

キュウリの栄養効果とは?

ホスホリパーゼで脂肪を分解!

キュウリにはホスホリパーゼという酵素が含まれており、脂肪を分解する効果があると言われています。ホスホリパーゼは加熱に弱い酵素なので、生のままで食べる事が多いキュウリは効率良くホスホリパーゼを摂取する事が出来ますね。
細胞膜が壊れる事でホスホリパーゼの働きがより促進されるので、すりおろして食べるのもオススメですよ。

カリウムでむくみ&高血圧予防!

キュウリに豊富に含まれるカリウムには、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する作用があり、むくみの予防・改善につながり、ダイエット効率をアップさせる効果が期待できます。さらに、カリウムは高血圧の予防にも効果的なので、生活習慣病予防にも役立ちます。

キュウリを使ったオススメレシピ

きゅうりと鶏肉のさっと炒め

生で食べる事が多いキュウリですが、実は加熱しても美味しく食べる事が出来ます。
大きめにカットする事で歯ごたえを楽しめますよ。

「きゅうりと鶏肉のさっと炒め」のレシピはこちら

キュウリとツナの和え物

キュウリとツナを使った、手軽に作れる和え物です。歯ごたえのある大根や、コクのあるツナを加える事で満足感のある一品になりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ