無料の会員登録をすると
お気に入りができます

車の乗り降りで大活躍!濡れた面が内側になる画期的な”傘”が静かなブーム

ライフスタイル

こんにちは、インテリア雑貨のひなたライフです。

今年も梅雨の季節となりました。梅雨といえば傘の出番です。
壊れない限り買い替える機会が少ない傘。
梅雨入りをキッカケに、傘を見直してみてはいかがでしょうか。

ここでは、雨の日のお出かけをぐんと快適にしてくれるワンランク上の傘「circus(サーカス)」をご紹介します。

アンファンス「晴雨兼用 逆さに開く2重傘circus(サーカス)」

雨に濡れた面を内側に閉じる特殊な2重構造で水滴に触れずに使える画期的な2重傘。
車に乗る人なら必ず経験があるはず……。

車の乗り降りで濡れてしまう、車内がビショビショになるなどの「車での傘あるある」問題を解決してくれます。

雨の日でも快適

車内では、濡れた傘でシートがビショビショになる問題も、濡れた面が内側にすることで解決してくれます。

車だけでなく、電車では周りや自分が濡れないように気を遣うこともなく雨の日のストレスを軽減してくれます。

開閉スムーズ

しっかりとした支柱に2重の傘布で重そうなイメージがありますが、開閉はとってもスムーズ。
赤いボタンを押して上げるだけの手開きで、骨は8本の一般的なタイプです。

自立する傘

ベルトをしていない状態だと自立するのでチョイ置き出来てとっても便利。
出先でスマホを使うときやATM、レジなどで傘が邪魔になる時など、傘の置き場がなくても自立してくれるのでノンストレスです。

選べる3タイプ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ