無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性が「一緒にいて癒やされる」と思う女性の特徴

恋愛・結婚

一緒にいて気をつかわずに、素の自分になれる相手は貴重な存在ですね。

好きなった相手や、付き合う相手がそういった人なら、これ以上に幸せなことはないと思います。

もともとの相性の問題もありますが、居心地のいい関係づくりは、意識の差でも作られるはず。

今回は、相手に「一緒にいたい」と思わせられるよう、男性が癒やされる女性の特徴について考えてみました。

相手を否定・批難しない

誰しもが自分なりの考え、感じ方を持っているものです。それは自分らしさ、個性ともいえるでしょうか。

それを否定せず、どのように受け止められるかは、相手にとっての居心地の良さを作り出すと思います。

たとえば食事先ひとつ取っても、彼がいま何を食べたがっているのか。お腹は空いているのか――。そうしたことに配慮しながら、彼の意見をいかに尊重してあげられるかは、彼の癒やしにつながるでしょう。

たとえば、彼がお腹がすいてラーメンが食べたいというのに、「私はすいてない」「ラーメンは食べたくない」と全面否定したり、歩み寄る気がゼロだったりする相手とは、一緒にいてもうんざりしてしまうでしょう。

自分を受け入れてくれる相手に、人は心を許すものです。彼が「こうしたい」といった意見は、自分が無理だというもの以外は、思いやりを持って受け入れてあげて。

たとえお腹がすいてなくてもラーメン気分じゃなくても、「じゃあちょっと歩いてお店探そうか」「ラーメンなら塩がいい!」などと、歩み寄れるポイントはあるはず。

それが意識できるだけでも、彼のなかであなたの存在感は際立ってくるはずですよ。

ありのままの姿をさらせる

相手が自分から、自分を見せるとは限りません。引っ込み思案で、受け身なタイプなら、相手を警戒しながら距離を図っていくでしょう。

そうした相手に効果的なのが、ありのままの自分をさらけ出すことです。

たとえば、自分の休日の過ごし方。相手とこの話題になったとき、相手との共通点が少しでもあれば、自分のことを話してみては。

「私もピアノ習いに行ってるんだ」「私も寝るの大好き」「そのお店なら、この前行ったよ」など。

できるだけ相手と気が合う、仲良くなりたい意志を持って、話をしてみて。

ムリに距離を詰める必要はありません。少しずつ、少しずつ、相手に合わせて、自分の話を織り交ぜながら話をしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ