無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お風呂]iPadの水ポチャその前に![キッチン]

ライフスタイル

お風呂でゆっくり動画鑑賞…タブレットの幸せな使い方です

ゆっくりとお風呂に浸かりながら、YouTubeを観たりHuluを観たり。仕事や日々の疲れを癒やしてくれるひとときです。

iPhoneが防水対応になったことで、スマホで鑑賞派も多いと思いますが、タブレットの大画面も捨てがたい魅力。

でも、防水対応のタブレットは種類がありません。

HUAWEIから防水タブレットが出ていますが、いろいろな懸念があります…

iPadも防水には対応していません。ということで今回は、iPadやAndroidタブレット端末をお風呂で使えるようにする、「防水ケース」を比較テストします。その前に選び方のポイントを解説します!

お風呂で使うならまずケースの「防水保護等級」をチェック

iPadや大半のタブレットは防水ではないので、ケースの防水力は最重要。防水性能は「IP規格」という国際規格で決められています。例えば、防水性能をもつiPhone XS/XS Maxは「IP68」に適合しています。

「IP68」
という表記の、左の数字6が防塵性能の保護等級(0~6)、右の数字8(0~8)が防水性能の保護等級を示します。つまり、最高レベルの「IP68」の場合は、「防塵構造で水面下での利用が可能」という意味になります。

防水性能は「6」まで水をかけられるテスト、「7」から「水面下・15㎝~1m、30分間」のテストになるため、水没する可能性のある環境では、防水の等級が「7」以上のものを選ぶといいでしょう。なお、防塵テストをしていない場合、省略を示す「X」を入れ「IPX7」「IPX8」といった表記になります。お風呂で使う場合はこちらでも問題ありません。

ケースは大きく分けて「ハード」「ソフト」二種類

防水ケースには「ハード」「ソフト」の二種類があります。

本体にぴったりはまるハードな素材でできていて、防水性だけでなく耐衝撃性も高まるタイプです。基本的にはiPadの各機種ごとに作られているので、どのiPad用のものか確認する必要があります。使っている機種に合うケースがあるなら、タッチの操作のしやすさの点でこちらがおすすめです。

ビニールなどで作られていて、セットすると多少隙間ができるタイプ。アウトドア用にストラップがついていることも多いです。Androidタブレットの場合は基本的にこのタイプから選ぶ形になります。とはいえソフトタイプもiPad用に作られているものが多く、何でも入るというわけではないので、タブレットの大きさが何cm×何cmかを把握して選びましょう。

コスパ重視ならジップロックでOK昔ながらの定番ワザです

本題に入る前に、ちょっとしたライフハックをご紹介。手軽にタブレットを防水化させる方法としてジップロックを利用する方法があります。

▼紹介商品はコチラ

旭化成
ジップロック フリーザーバッグL 10枚入
実勢価格:710円
サイズ:W268×D0.0.6×H273mm

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ