無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プルプル抹茶わらび餅とモチモチ白玉がたまらん!京都のあの老舗茶舗が手がける贅沢抹茶スイーツに夢中♪

グルメ

老舗茶舗のこだわりを感じる!京都ならではの抹茶スイーツ/日比谷 林屋新兵衛

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは「日比谷 林屋新兵衛」。
宝歴3(1753)年創業、京都・三条に本店を構えるお茶専門店「京はやしや」が手掛けるカフェ併設店舗です。東京ミッドタウン日比谷の開業に合わせて、同施設の2階にオープンしました。

お店でまず目を引くのが、京はやしや系列で唯一となるオープンキッチン。キッチンを囲むように配されたカウンター席では、職人さんがデザートをカットしたり、急須からお茶を注いだりする様子を間近で見ることができます。

奥にはテーブル席も完備。木の温もり感じる落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと抹茶スイーツを味わえますよ。

抹茶好きをトリコにするメニューが充実!

同店のスイーツメニューで人気なのが、抹茶の美味しさを何層にも重ねた同店限定の「濃茶パフェ」(1,620円)と、つるんとした喉越しと抹茶の風味が楽しめる「抹茶わらび餅あんみつ」(1,242円)の2種類。

いずれも京都産の高品質な宇治抹茶のみを使用した、至極の一品です。

パフェやあんみつの他に、「抹茶ロールケーキ」(ケーキセット/1,404円)や「抹茶わらび餅と抹茶葛ねり」(和菓子セット/1,404円)といった、抹茶好きにはたまらないメニューも充実。魅力的な抹茶スイーツばかりで、どれにしようか迷っちゃいますね。

今回は特別に、人気の「濃茶パフェ」を作る様子を見せていただきました。

まずは寒天と抹茶ゼリーを専用のグラスに入れていきます。

パイナップルとミルクパンナコッタをのせたら、その上に抹茶の生クリームを絞っていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ