無料の会員登録をすると
お気に入りができます

61.0%の男性が「人は見た目が大事」と言う本音

恋愛・結婚

まだわたしが10代のころの話ですが、男の子に「好き」と言われたら必ず「どこが?」と質問するようにしていた時期があります。

そして、挙げてもらった「好きなところ」に「見た目」に関する項目が含まれていたら、必ずお断りしていました。

若くて頭がおかしかったのでしょう。当時のわたしは、容姿で判断されるのがイヤでイヤで、とにかく中身の魅力を知ってもらいたかったのです。

そこまで極端でなくても、誰しも、内面を見てほしいと思うものではないでしょうか?

61.0%の男性が「人は見た目が大事」だと思っている

Q.「人は見た目が大事」だと思いますか?
そう思う(61.0%)
そう思わない(39.0%)
※有効回答数395件

6割以上の男性が、人は見た目が大事だと考えているそうです。

当然、見た目は大事ですよね。恋愛においても、ビジネスにおいても、あまりに第一印象が悪いと進むものも進まなくなってしまいます。

逆に、見た目さえ取り繕っておけば、内面がともなっていなくても一時的にはなんとかなったりするものです。それだけ、見た目が及ぼす影響は大きいといえるでしょう。

女性が「人は見た目が大事」と言われる理由

太古の昔から、女性はお化粧をしたり、きれいな衣装を身につけたりします。それだけ、女性は見た目が重要ということです。

これは、私見ですが、生物学的な理由があるんじゃないのかなと思っています。

女性は一生に産める子どもの数が限られているので、交わる男性を厳選する傾向があります。短絡的に決めるのでなく、十分に吟味するため、「見た目」のような表面上の情報だけでなく、「知性」などの内面を見ようとしますよね。

しかし男性は、多くの女性と交われば無限に自分の子孫を残せます。なので、どの女性と交わるかを吟味するより、とりあえず目についた女性に興味を持つそうです。

ただ、同時に複数の女性の候補がいる場合であれば、より優秀な女性を選ぶはずです。そこで、パッと見で簡単にわかる優秀さ、つまり容姿で選択するのではないでしょうか。

だから女性に比べ、男性は面食いなことが多いですよね。それゆえ、女性が男性に選ばれるためには「見た目」が大事になってきます。

一方、「人は見た目じゃない」と言われる理由

上記は、男女の「見た目を重視する具合」のちがいをイメージしてもらうためのお話です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ