無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたはどっち?「華がある人」診断

ライフスタイル

一般的に、人を惹きつける魅力のある人、活躍されている著名人に対して「華がある」と呼ぶことがあります。

「あの人は華があるよね」と言われる人を見ると、目がキラキラしている、または笑顔が印象的、姿勢がキレイなど魅力に溢れています。

そこで今回の記事では、筆者が遭遇したオーラがある人たちや、著名人のエピソードなどを参考にしながら「華がある人」の特徴について具体的に紹介します。

恋活をするもののいい出会いに恵まれない、地味な印象を払拭したいと考えている方は要チェックです。

華がある人とは

華やかな人は、第一印象でハッと目を惹くような魅力があります。また、周囲がどんよりした雰囲気のなかでも、その人が近づくだけでぱっと明るくなるようなパワーがあります。

では、華のある人とは一般的にどういう意味で、どんな人のことを指すのでしょうか?

まずは、「華がある」の意味と、「華がある人」の特徴について紹介します。

「華がある」の意味とは

「華がある」とは、一般的に華やかさを備える様子を意味します。現在では、華がある人のことをそこにいるだけで明るい雰囲気になる、人を自然と笑顔にさせる人を意味して使われています。

ただ、本来の使い方としては、芸人、役者に限定して使われていました。日本では、古来より「優れた芸」を花にたとえる風習があったのです。歌舞伎役者や役者を「花形」「花」と呼ぶのはそのためです。そのうち、芝居で観客を強烈に惹きつける人を「華がある」と呼ぶようになりました。

華がある人の特徴

続いては「華がある」とされる人の特徴を、主にスピリチュアルな観点から10個紹介します。

あなたのまわりにいる「華がある人」と共通点がきっとあるはずです。

(1)メイクやファッションが明るい

華のある人は、ダークな色を好みません。自分が明るく見えるようなパステルカラーや、白、またはパキッとした鮮やかな色の服を好みます。

メイクもピンクやオレンジ、イエローなど明るいカラーを使って華やかに魅せています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ