無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Amazonで格安キャンプ!1万円チョイのテント見つけました

ライフスタイル

定番のコールマンは確かに最高!でもお値段が高くて困っちゃう

コールマン
タフドーム/240
実勢価格:2万8800円
収容人数:3~4人
重量:約8.5kg
サイズ:約W270×D250×H170cm
収納サイズ:約直径22×75cm

Amazonで見る

こちらは、テストするモノ批評誌『MONOQLO』が過去に最優秀テントに選んだコールマン「タフドーム/2725」のひと回り小さいモデル。2~3人用のエントリー向けテントです。

テント上下に設置された換気口が室内の空気を循環。搭載されたキャノピー(ひさし)を広げれば、強い日差しの時だけでなく、突然の雨もしのげるなど、使える機能満載。

でも、こんな素敵な製品にもちょっと残念な問題が…。

初心者向けのエントリーモデルとうたいつつも、やっぱり定番だけあって3万円はするんです。

性能を考えると決して高いお値段ではないんですが、これからキャンプデビューをする場合、テントに3万円をかけてしまうと、遊びやごはんにかけるお金が圧迫されて、夏の思い出がわびしくなってしまうことも…。

そこで今回は、3万円の半額、なんと1万5千円以下のテントから3製品を選抜。本当に使えるテントなのか、アウトドアのプロにいじり倒していただき、ランキングをつけてみました。

格安テントは安心して使える?プロが本気でイジり倒しました

今回は「テント」でAmazon検索し、商品説明に3人以上で寝られると記載されていて、定番の半額以下レベルの商品を購入。

また、購入したテントのジャンルも初心者が設営しやすいドーム型に絞りました。

アウトドアのプロ5人が本気で行った検証は、以下の3項目です。

[検証1]設営のしやすさや使いやすさを確認

道具を知り尽くしたプロがバーツの可動性、生地の強度などをくまなくチェックしました。

[検証2]テントの床面積・室内高を測定

プロにご協力を仰いだからには、ただサイズを測るだけで終わるのは野暮な話。

テントを購入する際は、商品説明にある使用人数(寝袋が敷ける数)を鵜呑みにせず、実際の使用人数+1人分大きなサイズを選ぶほうがいいと言われているので、実際にテント内に寝袋を敷き、その真偽を検証してみました。

その際に使用した寝袋は、約80×190cmサイズの封筒型シュラフを使用しています。

[検証3]実際に濡らして防水性を確認

防水性を確かめるためには、やはり濡らしてみないとはじまらないですよね。

実際に購入してみたら、晴れた日にしか使えないテントだったなんてことにならないよう、散水ノズルを付けたホースでテントが二重構造になっていない箇所を中心に強めの水流で5分ほど水をかけてみました。

以上3項目の検証結果をもとに、組み立てやすさ、快適度、質感、使いやすさ、雨への強さを◎~×の4段階で評価し、総合評価をA~Cの3段階で付けています。

それでは気になる第1位から見ていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ