無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼女候補から落選?「付き合う前にやってはいけない行為」3つ

恋愛・結婚

女性が「この人を彼氏にしても良いのか」という見定めをするのと同じく、男性も「本当に彼女にして良いのか」と見定めをします。

「こんな彼氏が良いな」と思って取っている言動が、彼女候補から外れてしまうNG行為なんてことも!

今回は、付き合う前に彼女候補から外れてしまう行為を3つご紹介していきます。

知らず知らずのうちに気になる彼の彼女候補から外れてしまわないように、自分は大丈夫か振り返ってみましょう!

1、「男なんだから〇〇」な言動はNG

「女なんだから〇〇」という考え方は時代おくれなのはご周知の通り。女性は言われたらイラっとしますよね。

実は、これは男性も同じことを感じています。

「支払うことは良いですけど、それが当たり前と思っている態度はないなぁと思います。せめて財布を出す素振りくらいのポーズは取って欲しい」(30代男性/ITエンジニア)

「都合の良い時にだけ、男女平等を引き合いに出すのは自分勝手過ぎて無理。思いやりの欠片も感じられない人とは付き合えない」(20代男性/建設)

なかでも多いのはやはりお金の支払いのようですね。「男なんだから稼いで当然」のような態度は敬遠されがち。言葉にしなくても行動で出てしまっていることもありますので注意が必要です。

一方、こんな意見も。

「手持ちが少ない時にテーブルでお金を渡してくれて、あたかも僕が支払ったように体裁を保てるようにしてくれた子がいましたが、できた子だなと思いました」(20代男性/飲食)

男性は体裁や世間体を気にする人も多いので、上手く立てて上げてもらえたことに高感度が上がったという声もあります。

レディーファーストができる男性は紳士的で素敵ですが、それに甘え過ぎてはダメだということですね!

2、他の男性を持ち上げた話

「〇〇君凄いんだよ!」「元カレの〇〇が良かった!」なんて話は冷めた目で見られてしまう可能性大!

好きな男性にこうして欲しい、ああして欲しいという気持ちがあって、つい他の男性を例に出して仕込もうとする女性も少なくないですが、言われている男性は面白くないものです。

「元カレがあれこれしてくれた話を聞かされても困るし、正直、だからなんだよって気持ちになります。」(20代男性/大学生)

「共通の知人の男前の話を聞かされると、じゃあそっち行けば?と思う。」(20代男性/アルバイト)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ