無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バランスポーズで強く偏りのない体幹を作る|ヨガ腹筋を育てる練習法

美容

HOW TO

1. 四つん這いになる。腰は反らせないようにお腹を引き上げて、胴体はフラットな状態に保つ。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2. 左脚をつま先方向に、床と平行に押し出すように伸ばす。骨盤も床と平行に。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

3. 右手を前方に伸ばし、5呼吸キープ 。このとき目線は下げずにUP。手足を入れ替え、反対側も同様に。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

お腹が正しく使えていないと片脚を上げた時に骨盤もずれる

腰を反らせているだけで、お腹は使えていない。片脚を上げると同時に骨盤もずれてしまう。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

さらに強化!

完成ポーズから吐く息で伸ばした脚の膝を胸に引き寄せ、吸う息で伸ばす、を5回繰り返す。反対も。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは…HANAE先生
2006年ヨガと出会い、2010 年からアシュタンガヨガを開始。2013年より現在の師であるクランティ氏のマイソールクラスアシスタントを務める。安定感のある指導と、ヨガの楽しさを感じられるクラス構成に定評がある。

アシュタンガヨガ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ