無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バランスポーズで強く偏りのない体幹を作る|ヨガ腹筋を育てる練習法

美容

ヨガ腹筋はインナー筋を引き上げて育てよう

「私が考えるヨガ腹筋とは、『体の幹』にあたるインナー筋、つまり体幹です。深層筋を意識し、深い呼吸と連動して動かすことで、体の真ん中を貫く、強くしなやかな腹筋が育まれます」と話すのはHANAE先生。腹筋というと表層の筋肉ばかりに意識が行きがちですが、それだけでは筋肉のつき方がアンバランスに。そこで、「いわゆる腹筋運動のような収縮する動きばかりではなく、インナー筋を“引き上げながら使う”ポーズを練習することで、偏りのない腹筋を育てることができます」

体幹

プレワーク

1. 片脚は床についてお腹に利かせる

まずは上げる脚のつま先を床につけて練習しましょう。 伸ばした足のかかとを後ろに押し出し、つま先でも床をしっかり押すと内転筋が働き、連動して動く腹筋強化につながります。

HOW TO

写真のポーズを5呼吸キープ後、吐いて右肘と左膝をタッチ。これを5回。反対側も。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2. お腹&胸の引き上げを意識して腹斜筋も強化する

片肘を天井へ上げ、お腹と胸を引き上げる練習を。お尻の高さは変えず、脇腹を伸ばしてツイストすると腹斜筋を含めた体幹強化に。

体幹

HOW TO

左手を後頭部に、吸って左肘を見ながら天井へ、吐いて戻る、を5回。反対側も。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ヴィヤガラーサナ:アンバランスな体勢を安定させて体幹筋トレ

片手片足を伸ばし、グラつくバランスを安定させることで体幹を強化。お腹を奥から引き上げて胸が落ちないように意識す ると、体の真ん中を貫く、バランスのよい筋肉を養うことができます。

体幹
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ