無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バランスポーズのキープ力がアップ!腸腰筋の力が目覚める3つのポーズ

美容

ほぼすべてのポーズにおいて、重要な役割を果たすのが「腸腰筋」。その筋肉が持つ力を最大限に引き出し、強化する方法を中村先生に教えてもらいました。ぜひ試して、ポーズの上達を目指して!

ヨガジャーナル日本版編集部

脚を伸ばしてキープ力が目覚めるポーズ3つ

脚を伸ばした姿勢を、グラつかずに安定した状態でキープします。

POINT:みぞおちと脚の付け根を遠ざける

脚を伸ばしながら、骨盤を正面に向け、みぞおちと脚の付け根を遠ざける意識を持ちましょう。腸腰筋が十分に伸びた状態で働き、上半身の力みが抜けて、下半身が安定します。伸びる感覚で、腸腰筋の位置も確認しよう。

1.アンジャネーヤーサナ

膝を床につけ、安定した姿勢で腸腰筋に意識を集中させる

①膝立ちになり、右足を一歩前に出す。右膝の真下にかかとをセット。背骨を真っすぐに伸ばし、両手を右太腿の上に重ねる。

photo by Sayaka Ono

②右足を踏み込み、骨盤を下げる。太腿に重ねた両手で右脚を上から押すと、左脚の付け根の伸びを感じやすい。

photo by Sayaka Ono

③両手を頭上に上げ、目線を斜め上に。みぞおちと左脚の付け根を引き離すようにして30秒キープ。反対側も同様に行う。

photo by Sayaka Ono

これはNG!

骨盤が外に開くと腸腰筋を伸ばせない。

photo by Sayaka Ono

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ