無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレスゼロ!節約下手でも即できる!一番ラク&効率よく貯金が増える「究極の節約術5選」

ライフスタイル

価格は大差ありませんが、不用品であるはずのものを買って使わないでしまっている状態は、お金も空間ももったいないですね。どうせならお気に入りのカッコいい・かわいいアイテムを長く使いませんか。
※1 ウェザーニュースより。

ウェザーニュース

③価格を考える

箱ティッシュを買うときに、「1箱200組が5箱で298円」と「1箱160枚が5箱で268円」のどちらを選びますか?1枚あたりの単価を比較すると、5箱で298円の方が12%も安いです。

また、総額を大まかに把握しながらお買い物をすることもお勧めです。たとえば198円と350円の商品をかごに入れたら、頭の中で「おおよそ200円と400円で600円の買物」といった感じです。予算内で買い物ができますし、不要不急の買物を減らせ、会計時の間違えにもすぐに気が付きます。

④自分に合う仕組みを利用する

「会員になると割引」や「長期利用でポイント付与」など、多くの仕組みがあります。自分と相性の良い仕組みを見つければ、節制だけではなく、多くの還元を受けることも可能です。私は、こどもの小学校入学式を見越してデパートの友の会を利用しました。

1万円を12ヵ月入金すると、13ヵ月目に13万円の買物ができる仕組みです。

⑤お得意様になる

我が家の買物は週1回で、毎週同じお店に同じ時間帯に行きます。1週間分の買物なので他の客より会計が高額になる等で顔を覚えられ、店員と仲良くなりました。そのお陰で、店員からお得情報を教えてもらっています。このワザは節約ワザ①、④と上手く組み合わせることができ、買い物に行く少ない機会を有効活用するワザです。

「お気に入りの店を決めてリピーターになる」や「ポイント2倍の日を買い物する日に設定する」等が効果的です。ポイント還元などで、我が家では総買物額の4.5%は得をしています。

たちざき よしこ
キッズ・マネー・ステーション認定講師/ファイナンシャルプランナー。
数年前まで資産運用会社でファンドマネージャーのアシスタントを10年していました。現在は、小学1年生の壁にあたり社労士事務所でパートをしながら、親子向け金銭教育を中心に活動しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ