無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[連載]コーデもすぐ決まる!散らかりにくいクローゼットのための5つの仕組み

中村 佳子

ライフスタイル

毎日一度はモノが出し入れするクローゼット。よく使う場所はやっぱり散らかりやすくなります。

散らかったクローゼットは、「コーデを決めにくかった」「結局いつも同じコーデになった」「似たような服をいくつも買ってしまった」という悩みを生み出します。散らかりにくいクローゼットにするには散らかりにくい仕組みが必要です。

散らかりにくいくクローゼットのための5つの仕組み

folk-media.com

散らかりにくいクローゼットにするため、実際に私のクローゼットで取り入れている5つの仕組みをご紹介します!

1.パッと見て見渡せる

folk-media.com

すべてを一望できるクローゼットを作り上げるのは理想的ですがとても難しいことです。例えば、

・バーに掛かっている洋服は1つのハンガーに1枚の洋服しか掛かっていない。

・1つの引き出しを引けば、その引き出しに入っている洋服がすべて上から見渡せる。

など重なったり中に入り込んでしまった服などがない状態にすることで、把握しやすくなり片づけやすくなります。

2.フックを付ける

folk-media.com

帰ってきて急いで食事を作らないといけないときなど、バタバタと脱ぎ捨てたり置きっぱなしにして、そこから散らかりが負の連鎖を起こしていくことが。

急いでいるときにちょっと掛けておく場所がクローゼットの中にあると乱れも最小限。

folk-media.com

ストールも帽子もとりあえず掛けるだけで家事に取り掛かります。脱ぎっぱなしのものよりも元の位置にリセットしようという気持ちにも繋がりやすくなります。

3.一度着たけど洗わない服にこそ、特等席を

folk-media.com

洗面所に置きっぱなしにしたり、ソファに掛けたりしがちな一度着たけれどまだ洗わない洋服。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ