無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食費月2万円は頑張りすぎ!?お金が貯まる「理想の食費額」を発表!無理なく続く節約術

ライフスタイル

一人暮らしの家計において、月々の食費は節約の対象となりがちです。
一般的には、外食よりも自炊のほうが節約できると思われていますが、一人暮らしの場合にもあてはまるのでしょうか。

ここでは、一人暮らしの食費の節約テクニックについて紹介していきます。

一人暮らしの月々の食費はだいたいどれくらい?

まずは、一人暮らしにおける月々の食費の平均を見ていこう。2017年の全国の単身者世帯の消費支出データによると、食費にかかる月平均額は39,649円となっています。

また、同じ単身者世帯であっても、35歳未満は39,510円、35~59歳は45,883円と、35歳以降の働き盛りの世代のほうが、高くなる傾向であることがわかります(総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)」2017年)。社会人になると食費にアルコール代も含まれてくるため、これも社会人の食費が高くなる要因のひとつといえるでしょう。

理想的な食費は、「1ヵ月あたりの給与の15%」という意見がある。つまり、手取りが25万円の場合は、37,500円前後を食費にあてることが理想です。

一人暮らしでは自炊と外食、どちらが節約になる?

一人暮らしで自炊をするとなると、さまざまな材料を購入する必要があるということから、外食のほうが意外と節約になると思う人もいるのではないでしょうか。

では、一人暮らしの自炊と外食、それぞれどのような面で節約できるのかを見ていきましょう。

継続的に取り組むなら自炊

自炊に継続的かつ効率的に取り組むことで、食費を大きく節約することができます。たくさんの種類の食材を買い込む必要はなく、使い回しの利く食材を選んで上手に使いきるようにしたり、カサ増し料理などを作ったりすることで、おなかを満たしながら食費を抑えることができるでしょう。

夜の外食を控えることはもちろん、昼食も手づくりのお弁当を用意することで、さらに節約が可能。食材を余らせたり、外食中心の生活で栄養不足に陥ったりするリスクも低くなるはずです。

時間の節約をとるなら外食

「時間の節約」という意味では、外食に軍配が上がります。日々仕事をする中で、朝食や昼食のお弁当、夕食の食材を購入し、毎日作り続けることはやはり難しい。ストイックな自炊によってストレスを溜め込まないよう、時には外食で時間を節約し、生まれた時間をほかの作業や休養に回してもいいでしょう。

自炊で直接的に食費を節約するか、外食で時間を節約して効率的に過ごすかは、結局のところは個人の考え方次第。ライフスタイルの中で優先したいことを決めて、何を節約すべきかを考えてみてはいかがでしょうか。

自炊で節約するコツ

ここからは、自炊でどのような取組みをすることで、節約につなげられるのかをチェックしていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ