無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リピ買い続出!話題の久世福商店「食べる、すき焼き」が美味しすぎてコメ不足になりそう

グルメ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「すき焼きといえば?」の回答で、ある程度の世代がわかります(笑)。
「すき焼き」といえば「今半」、なにか臨時収入があったときのご馳走と答えたら年齢層高めの方。
「すき焼き」といえば「すき家」と答えたら年齢層若めの方。
ちなみに、すき家のすき焼き系メニューはレギュラーメニューにはなく、期間限定で登場するようです。

そんな高級メニューのようで庶民的なメニューのようなすき焼き。
ついに、今日も明日もすき焼き、1日3食すき焼きも夢ではない日がやってきました!

今「久世福商店」というお店で発売しているご飯の供「食べる、すき焼き」がリピ買い続出!とネット界隈で大絶賛されているんです。
早速、食卓で実食してみました。

ヨムーノで今人気の久世福商店・サンクゼール記事はこちら

久世福商店・サンクゼールで絶対外さない!おすすめ手土産や人気商品

久世福商店とは

ザ・ジャパニーズ・グルメストアをコンセプトに、世界をめざして日本が誇る和食文化を発信しているお店です。愛称は“クゼフク”。

1号店幕張店から3年で50店を超える店舗が全国にオープンしています。

サンクゼール、久世福商店の店舗検索はこちら

食べる、すき焼き 130g

我が家は庶民なので「すき焼き」メニューはビッグイベントに属します。
そんなすき焼きが580円で味わえるなんて、気になるじゃないですか!

ラベルには一晩寝かせたすき焼き風の逸品です。と書かれています。
ちなみに、すき焼きはその日のうちに完食するので、一晩寝かせたすき焼きの味はわかりません、あしからず。

名称は「食べる調味たれ」です。

また、信州の名工が醸した”究極の醤油”を使用。本醸造生醤油と五分生引きたまり醤油をブレンドさせ熟成、とのこと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ