無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんなにかわいくても「もうこの子からは手を引こう」と判断する瞬間

恋愛・結婚

彼からは明らかにグイグイとアピールが来ていたのに、途端に連絡が途絶えてしまった。

あともう少しで付き合えるかも?と思っていたからこそ、ショックも大きいですよね。

もしかしたら彼は、あなたを知っていくうちに「これ以上関わるのはやめたほうが良さそう」と警戒してしまったのかも。

そこで今回はどんなにかわいくても「もうこの子からは手を引こう」と判断する瞬間についてご紹介します。

1、 口が軽い

「俺からのLINEやデート内容も、すべて友達に話していたとわかったとき。

向こうは『悪い意味で言ったんじゃないよ!?』『○○くん誤解しているよ!』なんて言ってきたけれど、口が軽い時点でもうムリ」(25歳/金融)

女友達に何でもベラベラ喋る子は、どうしても身構えてしまいます。

仮に付き合ったとしたら、ことあるごとに友達がに話が流れてしまいそうで、気が気じゃないですよね…。

ときには友達に相談したくもなりますが、だからといってLINEやデート内容まで事細かに説明する必要はナシ!

もう良い大人なのですから、ある程度は自分で何とかする力も身につけるべきでしょう。

いちいちプライベートのことを他人話されてしまうことで、男性のプライドを傷つけてしまう可能性もあります。

これは付き合ったとしても注意すべき点ですね。

2、 マイペースを通り越した自己中

おっとりかわいいと評判だったけれど、これってただの自己中じゃ……と気持ちが冷めてしまいました」(28歳/運送)

マイペースと自己中って紙一重。特に自分で「マイペースだから」と言っている人がいたら要注意。

もしかしたら裏では周囲の人が、 “マイペース”のとばっちりをくらってしまい、しりぬぐいをしてくれているのかもしれません。

自分ひとりならマイペースでも良いのですが、約束をしている場合は最低限時間通りには行動すべき。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ