無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

レシピ

そうめんのゆで時間は、通常は1分半〜2分程度ですが…

そうめんのパッケージには、ゆで時間の目安として1分半〜2分と表示されているものが大半です。一般的には、ゆで時間よりも長くゆでることはタブーとされており、水分を多く吸ってしまった麺はブヨブヨとしておいしさが半減してしまうと考えられていますよね。

ところが、表示時間の倍の時間、4分間ゆでる「4分そうめん」が、そうめんのおいしさをアップするという情報がインターネットで話題になっているというので、実際に普通に茹でたそうめんと食べ比べてみました。

「4分そうめん」の作り方のポイント

1.大きめの鍋でたっぷりのお湯を沸かし、そうめんを4分ゆでます

2.そうめんをあげる前に、大量の氷水を用意しておきます

4分ゆでたそうめんはブヨブヨ感があり、「食べられるの…?」という不安が襲ってきますが、迷っているヒマはありません。ここからは時間勝負です!

3.ゆであがったそうめんをザルにあげ、流水で粗熱をとりながら麺のぬめりを落とします

4.ぬめりをとったらすぐに大量の氷水で冷やし、しっかりめに洗ったら水けを切ってできあがり

◼︎用意するもの
そうめん以外には、大量の氷水のみ

◼︎ポイント
・ぬめりを落としたら、スピーディーに氷水へ入れる
・大量の氷水を用意する

ゆで時間が長い分、ゆであがった直後のそうめんは水分を多く含んでいます。素早く大量の氷水でキンキンに冷やし、しっかりと冷やすことでそうめんがキュッとしまるのです。氷水で洗う際は、手も冷たくなるので気をつけてくださいね。

「4分そうめん」と表示時間どおりの1分半ゆでたそうめんを食べ比べてみると…

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ