無料の会員登録をすると
お気に入りができます

浮気したことを後悔…彼を傷つけた女性がどうすればいいかを解説します

恋愛・結婚

浮気をして後悔した時の対処法《バレてない時》

過去の浮気を後悔した時、女性はどのような行動に出れば良いのでしょうか。もちろんバレた時とバレてない時とで対処法は異なります。過去の浮気を反省し後悔する毎日は想像以上に辛いもの。

バレてないからといって、過去に最愛の彼氏を裏切った事実は消せないのです。もしも浮気がバレて傷つけた彼氏を目の当たりにした時、どうすればいいのか分からない程の後悔に潰されるのではないか、そんな不安を抱えながら過ごす毎日に疲れてしまう事もあるでしょう。

ここでは、そんな浮気を後悔した時の『バレてない時の対処法』をお伝えします。

自分の中でだけ反省する

過去の浮気が未だバレてない時、自分の中でだけ反省をしましょう。過去の浮気への反省や後悔、罪悪感に潰されそうになったからといって、自ら暴露するのはNGです。

過去の浮気を謝罪したいからと彼氏に暴露するのは、単なる自己満足だと理解しましょう。パートナーにとっては『知らない幸せ』もあるのです。

過去の浮気への反省と後悔は自分の中に秘めておき、結婚をするなら一生をかけて償う覚悟で彼氏を大切にするべきではないでしょうか。

浮気相手との関係をキッパリ切る

浮気が『過去』ではなく現在進行系、もしくは浮気関係はもう終わったけれど、浮気相手とまだ繋がりがある場合は危険です。浮気がバレてないからといって、浮気相手との繋がりをそのままにしているといつかボロが出るかもしれません。

自らが出したボロで浮気がバレると、その時はどうすればいいのか分からないほど深く後悔するでしょう。一度犯してしまった過ちはどうあがいても消せないので、バレてない時の対処法としては、まだバレてない浮気をバレずにやり過ごす事が最優先です。

浮気相手との関係をキッパリ断ち切り、バレるリスクを減らすべきなのです。

墓場まで持っていく覚悟を持つ

浮気がバレてない時、墓場まで持っていく覚悟を持ちましょう。浮気をあえて自分からバラす必要はありません。彼氏からすると『見たくない現実』かもしれません。

自分から言うことで浮気の後悔が晴れる訳でもやってしまった罪が軽くなる訳でもないので、結婚をするなら人生をかけて黙っておくべき。どこからバレるか分からないので、もちろん浮気をした事は友達や家族にも言ってはいけません。

例え相手が信頼の出来る人物でも相談しない事が、浮気がバレないための対処法なのです。

浮気をして後悔した時の対処法《バレた時》

浮気をした事がバレた時、もちろん大きな後悔が押し寄せてくるでしょう。過去に浮気した自分を酷く責め、反省と罪悪感に押し潰されそうにもなるでしょう。

ですが、バレてしまってはどんなに後悔し反省しても後の祭りなのです。もしも浮気がバレた時は、過去の浮気をまとめて説明、心からの反省を見せなくてはいけません。

ここでは、浮気をして後悔しているにも関わらずバレてしまった時の対処法を3つお伝えします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ