無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜバカにするの?上から目線な人の心理と対処法

ライフスタイル

ただ会話をしているだけでも、相手を押さえつけようとする“高圧的な人”っていますよね。すぐあげ足を取ってきたり、自分のほうが物知りといわんばかりに会話をさえぎって自分の話をしてきたり、否定してきたりという人もいます。

ひとことでいえば、「マウンティング」してくる人です。

「マウンティング」とはもともと、「サルなどの霊長類が敵の上にまたがり、優位性を示す行動」を指す言葉でしたが、2014年に放送されたテレビドラマ『ファーストクラス』などをきっかけに、“人が他者に対して自分の優位性を誇示する行動”の意味で使われることが増えました。

このマウンティング、ある意味で人をバカにしているともいえますが、そんな上から目線な人の心理と対処法について、今回は考えていきましょう。

人をバカにする人の内面

人をバカにする人というのは、どんな心理でそうした言動を取るのでしょうか。

自分に自信がない

意外かもしれませんが、自分に自信がないために、相手をバカにするという言動を取る人がいます。

勉強やスポーツの試合などでも、自分に自信がある人は、正々堂々と勝負を挑むことができますが、自分に自信がないと、姑息な手段を取ってしまうことがあるでしょう。それと同じなんです。

コンプレックスがある

たとえば、10のうち8は自信があっても残りの2に自信がない。そんな人はめずしくはありません。この残りの2が、たとえば“苦手”という程度の自信のなさなのか、コンプレックス(=劣等感)としての自信のなさなのかには、大きなちがいがあります。

高坂康雅らによる「青年期における劣等感と競争心との関連」(※)という研究によると、“コンプレックスと競争心は関係している”といわれています。コンプレックスを感じている人ほど、誰かに勝つことで自分の存在を他者に認めてもらおうとします。

つまり、コンプレックスがあるからこそ、誰かをバカにし、そして“自分のほうが上”だと周囲に示すことで、自分の存在を他者に認めてもらおうとしているわけです。
(※)『筑波大学心理学研究』2008

人よりも優位に立ちたい

“他人よりも優位に立ちたい”というのは、他人をバカにする人の基本的な心理かもしれません。優位に立つ方法は、さまざまです。

たとえば、インスタ映えする場所に行って写真を撮って投稿するとか、高級ブランドのファッションを身につけるとか。他人と自分とを差別化し、「私はあなたとはちがうのよ」と優位に立つことができます。

ただ、それはなかなか時間もお金もかかること。そう考えると、一番手っ取り早いのが、“人をバカにする”という行動です。相手を下に落とすだけですむのですから。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ