無料の会員登録をすると
お気に入りができます

注意。温泉の夢を見たら「ストレスがたまっている」暗示

占い

日々の忙しさから逃れて温泉でゆっくりしたいという気持ちになることはありませんか。そのように温泉の夢が示すのは、「ストレスからの解放」。

けれど、これはあくまでも夢占いの原則であり、お湯の状態、誰と入っていたかなど状況によって夢の解釈はさまざまです。その状況をひとつずつピックアップし、夢が伝えてくれる意味を探っていきましょう。

温泉の夢が象徴するのは「ストレス、心を開放する必要」

温泉は心身をくつろがせる場所であることから、温泉の夢は癒やしを意味します。ですから温泉の夢を見たら、ストレスがたまっていることの証。心を解放する必要があることを伝えているのです。

そんな意味があるので、凶夢というわけではありませんが、決して吉夢とはいえず、警告の意味が込められた夢と考えていいでしょう。

一方、温泉は温かい「湧き水」であるという部分にスポットを当てることもできます。澄んだ水は財運の象徴。温泉の夢は、豊かな財産を手にする予兆と捉えることもできるでしょう。

また、水は生命力や再生力を暗示する場合もあり、いずれにしても吉夢といえます。夢の状況に合わせて解釈をしていくといいでしょう。

温泉に入る夢が暗示するものとは?

お伝えしたように、温泉に入る夢は、ストレスがたまっていることの証であり、休息をとりなさいという夢からのメッセージです。さらに金運や生命力を暗示する場合もあります。

では、その温泉の状態によって夢の意味はちがってくるのでしょうか? 詳細に見ていきましょう。

深い温泉に入る夢の意味は「自分の心をつかめていない」

水やお湯はあなたの心の状況を暗示しています。底が見えないほどに深い温泉は、自分の感情や思い、考えをしっかりと捉えられていないことの表れ。そのため今後のこともどうしていいかわからない状態にいることを伝えています。ちゃんと自分の心と向かい合い、自身について考えるよう促す夢といえるでしょう。

一方、浅い温泉に入る場合は、自分のことをしっかり把握していることを示します。安心していて大丈夫。

熱い温泉に入る夢の意味は「体調ダウン」

熱い温泉に入る夢を見たら、体調の悪化を心配しなくてはいけません。ぬるい温泉に入る夢の場合は、その反対で、健康が増進していることを表しています。

また温泉に入って冷たさを感じた場合は、ストレスが解消されることを暗示。今、あなたが置かれている状況が思わしくない場合ならば、現在の環境からの脱出を意味する吉夢です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ