無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「100均より安いニトリ」「ちょい高無印」を積極採用!洗濯ハンガー見直しで劇的に家事ラク♡

ライフスタイル

こんにちは。いかに“素早く楽に手抜きなく”日々の家事ができるかを考えるヨムーノライターの藤野ことです。

以前は、使えるならば何でもいいと思っていた洗濯用ハンガー。ところが、クローゼットのハンガーを同じモノに揃えてから、洗濯用のハンガーも気になるようになってきました。

洗濯用ハンガーといっても種類はさまざま。
どれが自分にとってベストなのか試行錯誤しながら使っています。
ここでは、我が家で使っている洗濯用ハンガーとその収納方法をご紹介していきます。

実は、ハンガーを変えただけなのに、洗濯物を干す作業の時短になったんですよ。少しでもラクに洗濯したいと思っている方の参考になれば幸いです。

無印良品とニトリのハンガーがやってきた!

あまりハンガーにこだわりがなかった頃は、クリーニング屋さんの針金ハンガーやホームセンターのカラフルなハンガーを何も考えずに使っていました。
けれども、クローゼットのハンガーをスッキリさせたら、洗濯用ハンガーも気になってきたんです。

そこで、ランドリールームの収納の見直しをきっかけに、ハンガーも見直すことにしました。クリーニング屋さんの針金ハンガーとカラフルなハンガーは古くなっていたこともあり、思い切って処分。

無印良品とニトリのハンガーを購入して、ランドリールーム全体の統一感を図ることにしました。
それぞれ用途別に使い始めたら、洗濯の効率がぐっと上がりました。

というわけで、使用しているハンガーのおすすめポイントを説明しつつご紹介していきます。

無印良品のおすすめハンガー3選

アルミ洗濯用ハンガー41cm・3本組 税込290円

クリーニング屋さんの針金ハンガーの代わりに購入したのが、無印良品のアルミ洗濯用ハンガーです。
サイズは33cmと41cmの2種類。

わが家では、夫のワイシャツと息子の制服のシャツを掛けるために使っています。
アルミハンガーに掛けて干し、乾いたら、そのままクローゼットに戻す。これを繰り返しています。

ボタンを外してシャツを取り込む手間が省けてとても便利です。
このアルミハンガーは、ハンガーに掛けたまま戻せる洗濯物にのみ使っています。
なので、シャツとアルミハンガーの数はあえて同じ。

おかげでアルミハンガーが勝手に使われて行方不明になることもなく、うまく循環するようになりました。
数を同じにすると、服を増やすのを防ぐ効果もありますよ。

ポリプロピレン洗濯用ハンガー33cm・3本組 税込190円

息子の洋服が、子ども用ハンガーではずり落ちてしまうようになったときに、無印良品のポリプロピレン洗濯用ハンガーに買い替えました。
首回りを伸ばさずに通せるので、Tシャツやタートルネックの服を掛けるのに便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ