無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「肩」の動きをヨガポーズで整理しよう!理学療法士が解説、肩関節の8方向の動き

美容

肩関節の動きって?

私達が腕を上げ下げしたり回したりといった様々な動きは、肩関節で行われています。その肩関節を自由に動かすためには、土台となる肩甲骨の動きが同時に伴うため、肩関節と共に肩甲骨の動きもとても大切です。

しかし、肩関節の動きと、肩甲骨の動きとがごちゃ混ぜになってしまっていませんか?一度ヨガのポーズで肩関節の動きを整理してみましょう。実際に肩に痛みや不安のある人や、脱臼などの怪我をした経験のある人も、きっとヨガをする時の参考になるはずです。

肩関節は、以下の8方向に動きます。

・屈曲(くっきょく)/伸展(しんてん)
・外転(がいてん)/内転(ないてん)
・外旋(がいせん)/内旋(ないせん)
・水平外転/水平内転

一方で肩甲骨は、以下の6方向に動きます。

・挙上(きょじょう)
・下制(かせい)
・外転
・内転
・上方回旋(じょうほうかいせん)
・下方回旋(かほうかいせん)

引用:川島敏生「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

肩甲骨には他にも、前傾/後傾、前方突出(前進)/後退といった表記もあり文献により異なりますが、肩甲骨の基本はこのイラストの6方向に動くと考えるのが一般的で分かりやすいです。

今回は、肩関節の8方向の動きについて整理していきましょう。

肩関節とは

さて、肩関節は私達の身体の中に一体いくつあるか知っていますか?右肩と左肩を合わせて2つ?いいえ、実は肩関節は一人の身体につき10個あるのです。

肩関節とは、

・肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)
・胸鎖関節(きょうさかんせつ)
・肩鎖関節(けんさかんせつ)
・肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)
・肩峰下関節(けんぽうかかんせつ)

の5種類の関節をまとめた総称です。

引用:川島敏生「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

片腕に5つずつこれらの関節があるので、両肩合わせて肩関節は10個です。知らなかった方も多いかもしれません。これらすべての関節が協力して関わり合うことで、腕をいろんな方向に動かすことを可能にしています。そして肩関節は、胸骨・鎖骨・肩甲骨・肋骨・上腕骨という5つの骨から構成されており、これらを合わせて「肩複合体」といいます。

一般的に肩関節とは、この5つの関節のうちの「肩甲上腕関節」のことを指します。多くの人が「肩関節」といわれてイメージする部位で間違いないと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ