無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事の時短にもバッチリ♪覚えておくと便利な「キッチン収納方法」を伝授します!

インテリア

スプーンなどのカトラリー類を引き出しにしまう場合は、トレー類を仕切り代わりに使うことで見やすく取り出しやすい収納にすることができます。

例えば、こちらの収納例では「無印良品」のPP整理ボックスを使って種類ごとに区分けすることで、どこに何があるのか一目で分かるようになっています。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

こちらの収納例では、アクリルケースを重ねて使うことでカトラリーやキッチンツールなどが収納できるスペースを増やしています。

透明なアクリルケースは重ねても下のものが隠れず、どこにあるのか分かりやすいので便利ですね。

こちらのカトラリー収納では、「Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)」のカトラリースタンドを利用しています。

一つで複数種類のカトラリーをしまえるだけでなく、収納部分が斜めになっているので、サッと取り出しやすいのが魅力です。

商品はこちら

調味料収納は容器にも注目

透明な容器を使うことで、どの調味料か一目で分かるように

「もっと便利な調味料収納にしたい」場合は、調味料を詰める容器を透明なものにするのがオススメです。

例えば、こちらの収納例のようにお砂糖や小麦粉、乾物などを透明の容器に詰めておくことで、扉を開いてすぐに目的のものを見つけられるようにしています。

引き出しに調味料を収納する場合、どうしても蓋の上から見ることになるため、蓋が不透明な場合はなかなか見つかりにくいこともありますよね。

そういう場合は、こちらの収納例のように透明な蓋の容器を使ったり、フタにネームラベルを貼り付けると探しやすくなります。

コショウなどの調味料を透明の小さな容器に詰めて管理する場合は、こちらのように仕切り付きのケースを併用するとまとめて管理しやすくなります。

こちらの収納例で使われているのは「ダイソー」のもので、ケースごと食卓にそのまま運びやすい点もオススメポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ