無料の会員登録をすると
お気に入りができます

神フィットの極み!無印が「引き出し使いづらい問題」を解決!整理収納プロ"大人買い"グッズ

ライフスタイル

こんにちは。横浜の整理収納アドバイザーでヨムーノライターの長島ゆかです。

こんにちは。横浜の整理収納アドバイザーでヨムーノライターの長島ゆかです。

わが家の収納見学に来て下さるお客様が「すごいシンデレラフィットですね!」と喜んでくださる収納の一つが、コチラ。

無印良品「ポリプロピレン引出式ケース」

オープンな食器棚に入れ込んでいる無印良品の「ポリプロピレン引出式ケース」です。

(※最下段の縦長の3つは「ポリプロピレン追加用ストッカー」という、ちょっとシリーズの違う商品です。)

小物収納はいろいろなメーカーからも出ていますが、私が無印良品の引出式ケースを選んだポイントをお伝えしますね!

1.奥深い収納にも小物をしまえる

わが家の食器棚はレンジボードも兼ねているため奥行きが50cmあります。
棚板部分は少し浅いですが、それでも奥行40cm近く。
キッチン小物や、お薬など、サイズの小さなものをしまうには、奥が深すぎます。

そこで、この引出式ケースで奥まで引き出して活用できるようにしています。

この引き出し式ケースの奥行は37cm。

収納庫や食器棚(レンジボード)など奥深い収納棚にピッタリです。
引出しだと、ただのケースと違ってホコリが入りにくい点もGoodですね!

2.幅の細いケースには、仕切り板がついてくる

私が使っているのは、無印良品の引出式ケースのなかでも「ハーフ」と言われる幅14cmのもの。
これには仕切り板が2枚付いてくるので、引き出しの中をさらに区切って使うことができます。

仕切り板を取り除くこともできる

もちろん、すべての仕切り板を除いて、1つの空間としてラップやゴミ袋など、細長く収納したいものも入れられます。

仕切り板を追加することもできる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ