無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「謝らない人」の特徴

ライフスタイル

(2)自分が先に謝ってみる

これは(2)の負けず嫌いタイプと(3)の鈍感なタイプに有効な対処法です。

自分が先に謝ってしまえば負けず嫌いは「勝った」という心境になりますので、相手も謝ってくる可能性があります。

もちろん自分が謝る筋合いでないときにはできませんが、円滑に進めるために譲れるところであれば割り切ってしまうのも術です。

鈍感なタイプは謝ることで「ここはそういう場面なのだ」と相手に気づいてもらいたいときに使います。

先輩が後輩に教える際など、まさに「先輩の背中を見て覚えろ」という姿勢ですね。

(3)距離を置く

(4)の他罰的思考のタイプにおすすめの対処法です。

どうしてもその人と関わっていかなければならない状況以外ではこちらをおすすめします。

相手は何を言っても「ああ言えばこういう」ですから、説得すればするほど疲弊していきます。

また、(1)の負けず嫌いもあまりにも強すぎる場合は距離を置くのが有効です。

他人から距離を置かれたことで自分を顧みて、自ら高すぎる鼻を折ることができるかどうかは本人次第ですから放っておきましょう。

(4)受け入れる

これは心理別ではなく、状況が上司と部下といった「上下関係」であるときの対処法です。

基本的に他人を変えることはできません。

ましてやそこに上下関係があるのでしたらなおさらです。

どうしても変えたいのであれば、謝ってもらうための手段を大きく変えることです。

具体的にはさらに上の立場の人に直訴する、第三者機関に判断をゆだねる、といった方法です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ