無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心のデトックスに♡「読書の秋」に読みたいおすすめ本特集

2019年9月
ライフスタイル

秋は本を手にとってみませんか?

日もだんだん短くなってきて、お家で過ごす時間が長いときは、ゆっくり読書もいいですよね。「読書の秋」にちなんで、リラックスタイムや移動時間に読める、おすすめ本をご紹介します。

Karina on Instagram: “捨てられない本やテキストの収納について📚 ㅤ うちでは本やテキストの一部を カバーを裏返して収納しています😊 ㅤ 元々は電車の中で本を読む時に カバーを裏返して読んでいたので、 その流れでピータッチで タイトルシールをカバーに貼って しまうようになりました🚃✨ ㅤ…”
instagram.com

あまり本を読まない人や、最近活字離れしがちな人もスムーズに本の世界に入っていける、分厚くなくて文体も軽めのものを選びました。秋のリラックスタイムに読んでみてくださいね。

読書の秋のおすすめ本

西の魔女が死んだ/梨木香歩

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。
www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ハーブや動物が身近にある『魔女』の丁寧な暮らしはまさに理想のスローライフ。おばあちゃんと過ごす中で、生きる力を取り戻していくまいの姿に勇気づけられます。人生に疲れたときに読みたい一冊です。

イニシエーション・ラブ/ 乾くるみ

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。
www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ふたりの男女それぞれの視点で繰り広げられるほろ苦い恋の物語。恋に抱く幻想と現実のギャップは、失恋したことがあるなら絶対共感できるはず。ミステリー小説風の叙述トリックは、新しい読書体験を与えてくれます。

コットンが好き/高峰 秀子

「いつか私がこの世から片づいてしまったあとも、これらのものは、どこかの誰かの手に渡って、また新しい主人のために生き続けていくだろう―」。飾り棚、真珠、手燭、浴衣、はんこ、腕時計、ダイヤモンド…これまで共に生きてきた、かけ替えのない道具や小物との思い出を、愛情たっぷりに綴った名エッセイ。待望の復刻版。
www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

戦前から子役、そして女優として活躍した日本の名女優、高峰秀子が思い入れのある品物について綴ったエッセイ。その目利きと軽やかでユーモアのある文体は、心地よく読み勧められます。物を大事に使いたくなる本。

センセイの鞄/川上弘美

センセイ。わたしは呼びかけた。少し離れたところから、静かに呼びかけた。
ツキコさん。センセイは答えた。わたしの名前だけを、ただ口にした。
駅前の居酒屋で高校の恩師・松本春綱先生と、十数年ぶりに再会したツキコさん。以来、憎まれ口をたたき合いながらセンセイと肴をつつき、酒をたしなみ、キノコ狩や花見、あるいは列車と船を乗り継ぎ、島へと出かけた。その島でセンセイに案内されたのは、小さな墓地だった――。
40歳目前の女性と、30と少し年の離れたセンセイ。せつない心をたがいにかかえつつ流れてゆく、センセイと私の、ゆったりとした日々。切なく、悲しく、あたたかい恋模様を描き、谷崎潤一郎賞を受賞した名作。
www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp
記事に関するお問い合わせ