無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイクの仕上がりをランクアップ!パーツ別で使い分けるべきメイクブラシ

ビューティ

メイクアップをいつもより綺麗に仕上げたいなら、使うブラシにもこだわりましょう!それは値段よりも、大きさや硬さ、細かくこだわることで美しく仕上がります。
今回は、顔のパーツごとに最適なメイクブラシをご紹介します!

メイクの仕上がりは、ブラシで決まる!

あり過ぎてわからない!どんなブラシを選べばいいの?

godmake.me

メイクはブラシを使ったほうが綺麗に仕上がる!と言うのは聞いたことがあるかと思いますが、大きさや太さ、硬さ、それに加えて毛の種類も多く、どれを選べばいいかわかりませんよね。

メイクブラシは、フェイス、アイ、チーク、リップと、それぞれのパーツごとに最適なブラシがあります。

今回は、それぞれのパーツごとにどのような特徴のブラシを選べばいいのか?そのコツと、美容ライターオススメのメイクブラシをご紹介します!

パーツ別!最適なブラシの選び方

godmake.me

あなたはマット派?ツヤ派?ベースメイクの仕上げに欠かせないブラシ

まず、ファンデーションでブラシを使うメリットは「余計な粉がつかず、粉っぽさのない自然な仕上がりが叶う」ことです。

フェイスパウダーのブラシを使う方は多くいらっしゃると思いますが、プロの中にはリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションもブラシでつける方が多いです。

ツルツルとしたなめらかな毛が特徴で、ブラシでつけることで毛穴の凹凸をカバーしたり、ナチュラルなツヤを出すことができます。

フェイスパウダーも、ブラシでつけると磨いたようなツヤが出ますが、量を調節すれば陶器のようなマット肌を楽しむことができます。ブラシを使うことでファンデーションや粉のつけすぎを防ぐことができるので、崩れ防止や自然な仕上がりにも繋がります。

ふんわりナチュラル眉を作る!アイブロウに欠かせないブラシ

眉を自然に美しく仕上げるためには、ブラシは必要不可欠だと思っています。ペンシルだけで済ませる方も多いようですが、不自然な線が残ってしまいますので、ブラシで必ずぼかしましょう。

細くてコシのあるブラシは眉尻の細い線も綺麗に描きやすく、眉の毛の隙間を埋めてムラをなくす効果があります。大きくて太めのブラシは線をぼかして柔らかい眉を演出できるので、どちらのブラシも持っていると便利ですよ!

やり過ぎない自然な奥行きを出す!アイシャドウに欠かせないブラシ

筆者は指でアイシャドウをつけることが多いのですが、目元にしっかり奥行きや陰影をつけたい時にはブラシは活躍します。ブラシの大きさにもよりますが、色の濃淡をはっきりつけることができ、深みを出すことができます。

まず、ベースになる明るいカラーは、アイシャドウブラシの中でも大きめのものを使いましょう。大きくて柔らかいブラシは薄く色づきます。濃くしたい色ほど小さくて堅めのブラシを使うと、色がはっきり出るので、好みや目の形に合わせて大きさを選びましょう。

また、目のきわにアイシャドウを乗せたいなら、斜めにカットされたアイブロウブラシのようなブラシを使うと綺麗に乗りますよ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ