無料の会員登録をすると
お気に入りができます

和食に革命!「焼き魚にトング」がこれからの常識です

レシピ

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

焼き魚の悲劇……最後の最後でグチャりませんか?

秋の味覚のひとつ、サンマですね。脂ののった新鮮なサンマは、さっと塩をして焼くだけで最高のごちそうです。

が、しかし……

この時期になると毎年必ず思うのですが、焼いたサンマを崩さずに、きれいにお皿に移せるグッズが欲しいということ。

一本そのままで焼くと、ひっくり返したり、お皿に移したりするとき、どうしても途中で崩れたり折れたりしてしまうんです。やり方が悪いんでしょうか……。

今年こそは、優秀なグッズをぜひ手に入れたいと思っています。

そこでみなさまにもご紹介したいのが、評判の高いアーネストの「フィッシュグリルトング」。サンマのような長いお魚でも本当にきれいにつかめるのか、実際に試してみましたのでご覧ください。

フィッシュグリルトングは魚がくずれないから買い!

アーネスト
フィッシュグリルトング
実勢価格:907円

▼テスト結果
 評価A

焼き魚を取り上げるとき、菜箸だと崩れてしまいがちですが、このフィッシュグリルトングがあれば、大きい魚も身を崩さずしっかりつかめます。

長いボディもガシッと持てて、安定感が最高! 菜箸よりもはるかにしっかりホールドでき、しかも扱いやすいサイズでです。

以上、「アーネスト フィッシュグリルトング」のご紹介でした。

魚や肉だけでなく、サラダの取り分けにも使えます。ひとつあれば重宝しますので、買って損ナシですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ