無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2週間家を留守にしてもウチの植物がスクスク育つ理由

ペットと同様に、観葉植物を育てている人にとって、長期間家を空けるのは悩みのタネ。でも、自分が留守にしている間、自動で植物に水をあげてくれる夢のような商品があったら便利だと思いませんか? 実はそれ、商品化されてるんです。大切な植物を枯らすことなく安心して家を空けられる自動水やり機をご紹介します。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

ライフスタイル

観葉植物がブームでも大きな悩みがあるんです…

(C) mykeyruna/123RF.COM

最近室内で観葉植物を買って育てるのがブームになっています。室内にこういった観葉植物があると、オシャレにも見えますし癒やしを与えてくれますよね。でも、観葉植物を育てている人は「ある悩み」を抱えているハズです。そしてそれは、ペットを飼っている人と共通する悩みと言えるでしょう。

では早速、答えから。その悩みとは「長期間家を空けられないこと」です。ペットが生きていくためにはエサが、植物を枯らさないようにするためには水が必要になります。

では、旅行や出張など、どうしても家を空けなければならない予定が入った場合、どうすればよいのでしょうか。ペットの場合は、決まった時間に設定した分量でゴハンを与えてくれる自動エサやり機があります。「ペットのエサやり機はあるのに、植物の水やり機はないの?」と思われた方はいらっしゃるでしょう。安心してください、ちゃんとありますよ!

2週間の留守でも自動で水やりドリップ散水システム

Foloda
ドリップ
散水システム
実勢価格:3580円

水やり間隔:最短12時間~最大15日
水やり連続時間:1~180秒

こちらの自動水やり機「ドリップ散水システム」は、外出前に水やりの間隔を設定しておくだけで、指定の時間に自動的に水を吸い上げ、散水してくれる。急な旅行時にも安心です。10個ドリッパーが付いているので、最大10個まで水やりができます。

ではこの商品をもう少し詳しく見ていきましょう。

コップやペットボトルをセッティングするだけで簡単

本体から伸びたホースを、ペットボトルやコップにセットするだけです。12時間間隔で15日間まで設定でき、1回あたりの秒数は1~180秒まで調整可能。アタッチメントのホースを増やせば、180秒以上の散布もできます。

以上、自動水やり機「ドリップ散水システム」でした。これで安心して、家を空けられますね。

それでは安心していってらっしゃーい!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ